From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Form-builder-reference-guide/SegmentKeyValueList and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

セグメントのキーバリューリスト

セグメントのキーバリューリストは、お客様またはコンタクトの優先度レベル(金、銀、銅など)を選択するセレクターです。このコンポーネントは、表示されているフォームの例で赤色で囲まれています。


設定モードにおけるセグメントのキーバリューリストのコンポーネント


このコンポーネントをフォームに追加するには、コンポーネントをクリックしたまま、左側のコンポーネントメニューから右側の空白のフォームにドラッグします。


フィールドプロパティ

このコンポーネントのフィールドプロパティは次のとおりです。


セグメントのキーバリューリストのフィールドプロパティ


スタイル

スタイルプロパティを使うと、コントロール要素がフォームに表示される方法を変更できます。

次のオプションからスタイルを選択できます:

  • <<無し >>
  • テキスト
  • タイトル
  • ラベル
  • ハイパーリンク
  • 注記

追加/編集をクリックして、別のスタイルの追加、さまざまなフォント、サイズ、色、その他のスタイル要素から選択することによって既存のスタイルの編集もできます。


フォント、サイズ、色、他のスタイル要素を選択します。


名前を付けて保存をクリックすると、追加/編集したスタイルに名前を付けて保存できます。そのスタイルは、スタイルおよび スタイルの編集 プロパティのドロップダウンセレクターで使用できるようになります。


新しい名前を付けてスタイルを保存します。


スタイルの編集

スタイルの編集というプロパティでは、スタイル プロパティで定義されたスタイルを選択できます。ここで選択するスタイルは、フォームに表示されます。

名前

名前 というプロパティを使うと、コントロールパレットに表示されるコントロールの名前を変更できます。例えば、"セグメントのキーバリューリスト"という名前を"優先度"という簡単な名前などに変更できます。

フォームラベル

フォームラベルは、このコントロールのテキストラベルであり、フォーム自体に表示されます。例えば、"優先度レベル"というフォームラベルを指定すると、セグメントのキーバリューリストフィールドの横に"優先度レベル"がフォームに表示されます。

表示タイプ

このコントロールでは、 表示タイプは自動的に キーバリューリストに設定されます。選択できる多くの表示タイプがあります。

データフィールド

データフィールドは、優先度レベルを取得してフォームに入力する変数です。このコントロールの場合、 データフィールドは自動的に Contact.segmentに設定されますが、リンクをクリックして特定のデータフィールドを選択し、セグメントのキーバリューリストのフィールドにマップできます。


データフィールドマッピング


項目

項目は、セグメントのキーバリューリストセレクターにリストされている選択肢です。セレクターの項目を追加または変更するには、追加/編集をクリックします。例えば、金、銀、銅という項目を追加すると、以下のように表示されます。


セグメントのキーバリューリスト


オプション

  • 非表示:このオプションを選択すると、フォーム上でセグメントフィールドが非表示になります。ラベルは表示されますが、テキストを入力するフィールドは表示されません。
  • 編集可能:このオプションを選択すると、ユーザーはフォーム上のフィールドを編集できます。
  • 必須:このオプションを選択すると、ユーザーはフォームのフィールドに入力する必要があります。


フィールドが読み取り専用で空白の場合は非表示

非表示オプションと同様に、フィールドが読み取り専用で空白の場合は非表示というオプションを選択すると、セグメントのキーバリューリストのフィールドが非表示になります。

初期値、静的

初期値 は、そのフィールドに何を入力するかについてユーザーに教えます。この値は、編集可能なプレビューで収益情報のフィールドに表示される既定のテキストです。例えば、このプロパティに "優先度 "と入力すると、フォームフィールドにも"優先度 "が入力されます。

< 前へ | 次へ >