From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
(Created page with "'''ご注意''': 画面監視機能を使用するには、両方のユーザー(つまり、監視するユーザーと監視されるユーザー)は Agent-guide/Setup...")
Line 18: Line 18:
 
**Salesforce.com統合の場合、Salesforce ClassicのCTI電話
 
**Salesforce.com統合の場合、Salesforce ClassicのCTI電話
  
* '''Note''': In order to use screen monitoring, both users (i.e., the host of the monitoring and monitored user) should have the [[Agent-guide/Setup/AgentDesktopHelperApplication|BPClient plugin]] installed.
+
'''ご注意''': 画面監視機能を使用するには、両方のユーザー(つまり、監視するユーザーと監視されるユーザー)は [[Agent-guide/Setup/AgentDesktopHelperApplication|BPClient プラグイン]] をインストールしなければなりません。
  
 
* Starting from Bright Pattern Contact Center version 5.5.0, the following codecs are supported:
 
* Starting from Bright Pattern Contact Center version 5.5.0, the following codecs are supported:

Revision as of 10:41, 22 September 2020

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

ウェブRTCについて

ウェブRTCは、ウェブブラウザーで安全な(つまり暗号化された)リアルタイム通信を可能にするオープンソースプロジェクトです。バージョン5.5.0以降、Bright Pattern コンタクトセンターのソフトウェアには、 ブラウザーオーディオ (ウェブRTC)を介する安全な電話 という電話デバイスオプションが含まれます。

コンタクトセンターでこのオプションを使う場合は、次の点にご注意ください。

全てのブラウザー

  • お使いのコンピュータのスピーカーデバイスについては、ウェブブラウザーによって正確に通知されない場合があります。このため、Bright Pattern コンタクトセンターのソフトウェアは、使用されているオーディオデバイスを指すためにコンピュータのマイクを使います。
  • ウェブRTCがコンタクトセンターで許可されている唯一の電話デバイスオプションである場合、 BPClientプラグイン がインストールされていない 限り、次の機能はサポートされていません:
    • 画面監視 (つまり、ユーザーは他のユーザーを監視する機能を利用できますが、それらのユーザーが監視されません)
    • 画面録画
    • 受信対話用のGUIポップアップ (つまり、ウェブブラウザーウィンドウ外)
    • クライアント側の診断ログ(つまり、BPClient.log)
    • すべての音声デバイスに入る音声通知(例えば、すべてのデバイスでの着信音)
    • Simplified Desktop .NET API
    • ビジネスユーザープレゼンス検出 (つまり、システム入力アクティビティ追跡)
    • G.729 コーデック
    • Salesforce.com統合の場合、Salesforce ClassicのCTI電話

ご注意: 画面監視機能を使用するには、両方のユーザー(つまり、監視するユーザーと監視されるユーザー)は BPClient プラグイン をインストールしなければなりません。

  • Starting from Bright Pattern Contact Center version 5.5.0, the following codecs are supported:
    • For browsers that support WebRTC:
      • G.711 mu-law, a-law, G.722
    • If the Agent Desktop Helper Application plugin is used (i.e., both secure and regular mode):
      • Above + G.729

Firefox

  • The Firefox web browser cannot use a microphone if it was plugged in after the browser was started; however, it works if there is another microphone registered in the system. In other words, adding a second or third microphone is supported, but adding the first one is not. The only workaround is to restart the entire browser.
  • Events about audio device changes may be delayed if a frame with Agent Desktop is out of focus. Bringing it into focus enables the events.

Safari

  • The Allow All Auto-Play option must be enabled for your contact center's website; this setting is required to play ring tones as well as WebRTC audio. To enable this setting, take the following steps:
    • When you are at your contact center's website, from the Safari menu, select Settings for This Website.
    • In the pop-up window, locate the Auto-Play option.
    • From the pop-up window, select the Allow All Auto-Play option.
  • Note that audio may not start if a frame with Agent Desktop is out of focus. Bringing it into focus starts the audio.

Internet Explorer

  • The Internet Explorer (IE) web browser does not support WebRTC.
    < 前へ