From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• 한국어 • español • Deutsch • français • English
• 5.19


クライアントをダイレクトチャットに招待する

ダイレクトチャットリンクを使用する権限を持つエージェントは、エージェントデスクトップとCRMウィジェットにダイレクトチャットボタンが表示されます。

エージェントは、ダイレクトチャットURLを送信することで、チーム、Slack、メールなどの外部チャネルを通じてクライアントを招待し、チャットを開始することができます。エージェントは、エージェントデスクトップまたはCRMウィジェットのダイレクトチャット招待リンク作成ボタンをクリックして、ダイレクトチャットリンクを作成します。クライアントがリンクをクリックすると、リンクを作成したエージェントとのダイレクトチャットになります。この方法で、クライアントはエージェントに到達するためにキューで待機する必要はありません。

各リンクは、リンクを生成したエージェントとの1つのチャットに固有です。リンクは、ブライトパターン管理者アプリケーションで設定された期限切れとなります。


Info.40x40.png Agents wishing to use the Direct Chat URLs must have the Create personal chat invitation link privilege enabled. Administrators can configure the Direct Chat URL, the scenario entries it applies to, and the expiration limit in 連絡先センター管理者。


ダイレクトチャット URL の生成

エージェントデスクトップまたはCRMウィジェットインターフェースのパーソナルチャット招待リンク作成ボタンをクリックします。生成されたリンクが表示され、自動的にクリップボードにコピーされます。有効期限は秒単位で表示されます。リンクの期限切れの場合、ボタンを再度クリックして新規リンクを生成します。

リンクが表示され、便利なようにクリップボードにコピーされます。

リンクをクライアントに送信します。クライアントがウェブチャットに成功すると、エージェントは他のチャットセッションのようにクライアントと対話することができます。

{ダイレクトチャットURLを使用するエージェントは、以下のことができます:

  • 結果のウェブチャットからリモートアシストセッションを開始する(権限が必要です)
  • ウェブチャットを別のエージェントに転送する
  • スーパーバイザーまたはその他エージェントをウェブチャットに招待する
  • 適切なコンタクトセンター設定により、現在の連絡先情報、ケース、またはチケットを見ることができます。}


< 前へ | 次へ >