From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.2:Agent-guide/HowtoMakeaConsultationCall and the translation is 86% complete.

Outdated translations are marked like this.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

Contents

コンサルテーションコールのかけ方

コンサルテーションコールとは、現在対応中のコールに関連してかける別のコールを意味します。

コンサルテーションコールをかける場合、次に従ってください。

  1. 先ず、対応中の電話(プライマリー・コール)を保留にします。 電話の保留及び保留解除をご覧ください。
  2. 相談(コンサルテーション)をしたい相手側に電話をかけます。 内線電話のかけ方 または 外線電話のかけ方をご覧ください。
  3. アクティブ対話リストには、両方のコールが表示されます。プライマリーコールは保留アイコン Hold-Button-50.pngとして、コンサルテーションコールは呼び出しアイコン Outgoing-Call-Icon-50.pngとして表示されます。
  4. 相談したい相手側が、エージェントまたはスーパーバイザである場合、プライマリーコールに関連するコンテキスト情報エリアの情報を、 画面のスクリーンショットの送信 Send-Screen-Button-50.png ボタンをクリックして送信できます。
  5. 相談が終了してから、終了ボタン End-Call-Button-50.png をクリックしコンサルテーションコールを終了します。(また、プライマリーコールは、相談をしたい相手側への転送するか、または相談したい相手側と電話会議を行うが可能です。 電話の転送または 電話会議 をご覧ください)
  6. 対応中の電話を保留解除します。 電話の保留及び保留解除 をご覧ください。


アクティブ対話リストに含まれるプライマリー及びコンサルテーションコール


ご注意:プライマリーとコンサルテーションコールは交互に保留解除をしながら切り替えることができます。 (保留解除ボタンを押すと、対応中の電話が自動的に保留されます。).


< Previous | Next >
< 前へ | 次へ >