From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Contact-center-administrator-guide/Appendices/AgentDesktopHelperApplication and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Contents

エージェントデスクトップヘルパーアプリケーション

コンタクトセンターのエージェント、スーパーバイザー、キャンペーンオペレータ、およびバックオフィス(PBX)ユーザーは、エージェントデスクトップアプリケーションを介してBright Pattern コンタクトセンターにアクセスします。このウェブアプリケーションは、主なブラウザーに対応しています。 エージェントデスクトップ機能の殆どがシン・クライアント・テクノロジを使って導入されている一方、その機能の一部を実行するには、ユーザーのコンピュータにインストールされているソフトウェアコンポーネントが必要です。このコンポーネントの名前はエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションです。

Bright Patternコンタクトセンターの最新バージョンでは、エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションは次の機能を提供します。

  • ソフトフォン(SIP / RTPエンドポイント)
  • スクリーンポップダイアログ
  • ロギング
  • オーディオデバイスの変更の表示
  • すべてのオーディオデバイスでのアラート
  • 画面の録画
  • 画面の監視
  • 状態のアップデートを行うためのキー押下検出
  • 音声品質の監視
  • Simplified .NET API サポート

アプリケーションに関する詳しい情報は、 エージェントガイドエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションのクイックスタートおよび エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションのインストールとアップデートをご覧ください。


インストール

エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションのインストーラーは MSI および EXEの両方のフォーマットで利用できます:

  • ADHelperApp-MultiUser_x64.msi (64-bit)
  • ADHelperApp-MultiUser_x86.msi (32-bit)
  • BPClientSetup.exe

MSIインストーラーは、調整されたIT作業によるインストールを行うのに最適です。このインストーラは、お使いのWindows OSの グループポリシー 機能を使ってネット上での設定をサポートしています。また、このインストーラは、コンピュータごとの個別設定もサポートしているため、エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションがインストールされているコンピュータの全ユーザーが同アプリケーションを利用でき、ホットデスキングが可能になります (MSIインストーラーをご利用の場合、Chrome Web Storeがファイアウォールによってブロックされない限り、上記のChrome拡張機能が自動的にインストールされます)。

MSIインストーラーを入手するには、サービスプロバイダにお問い合わせください。

管理者が個別のPCにMSIを手動でインストールする場合は、それは、管理者の権限を使って実行しなければなりません(つまり、ファイルエクスプローラーで.msiファイルをダブルクリックしても機能しません)。

これを行うには、次の手順を実行します:

  1. Windows 検索で cmdを入力します。

  2. cmdアイコンを右クリックして 管理者として実行を選択します。

  3. コマンドプロンプトアプリケーションからMSIファイル名を入力し、 Enterを押します。


エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションが上記のように調整されたIT作業によって事前にインストールされていない場合、ユーザーは各自のコンピュータでエージェントデスクトップを初めて起動したとき、および一般のソリューションアップグレードの際にコンポーネントの新バージョンが利用可能になったときに同アプリケーションをダウンロード・インストールできます。この場合、EXEインストーラーを使用してください。上記の方法でエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションのインストールに使われたアカウントをお持ちのユーザーだけが、同コンピューターからアプリケーションにアクセスできます。


ご注意

エージェントデスクトップアプリケーションのユーザーのコンピューターは 動作環境を満たさなければなりません。

エージェントデスクトップは、同じコンピューターで複数のブラウザーで使用できます。ただし、同じコンピューターの異なるブラウザー(または同じブラウザー)で複数のアカウントで行われるエージェントデスクトップのセッションの同時実行は正式にはサポートされていません。

Bright Patternコンタクトセンターのバージョン5.3.12以降、Sierra以前のmacOSはエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションでサポートされなくなりました。これは、Apple社がアプリケーション署名の新しいルールを導入したためです。以前のバージョンのヘルパーアプリケーションは、引き続きSierraで使用できます。 macOS Sierra以前のバージョンを使用している場合は、エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションをアップグレードしないことを検討してください。 Sierraと、サポートされているHigh Sierraを混同しないでください。


様々なブラウザーに対してエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションの有効化

拡張機能

エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションは、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safari、およびMicrosoft Internet Explorerで利用できます。ユーザーのご利用のブラウザーによっては、一部のブラウザー拡張機能やその他の設定を有効にする必要があります。

すべての拡張機能は、エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションインストーラーをダウンロードして実行した後に設定されます。手順については、この記事の次のセクションで各ブラウザーについて説明します。


Chrome

Bright Pattern コンタクトセンターは、エージェントデスクトップ Chrome拡張という拡張機能を使ってGoogle Chromeブラウザーに対してエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションを有効にします。この拡張機能は、Chrome ウェブストアーを介して開発および登録されたChromeプラグインポリシーの変更に準拠しています。

エージェントデスクトップChrome拡張機能には、Bright Patternコンタクトセンタープラットフォームのバージョンとは別の独自のバージョンがあり、同じバージョン形式に従っていません。

エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションおよび必要に応じてエージェントデスクトップChrome 拡張は、 Bright Patternコンタクトセンターの有効化プロセスの一環として全ユーザーのデスクトップに事前にインストールできます。この設定方法は、アプリケーションと拡張機能の新バージョンを含むソリューションのアップグレード中にも推奨されます。そのような変更が予想される場合、サービスプロバイダーは原則としてアップグレードの前に貴社に連絡し、上記のコンポーネントがエージェントデスクトップユーザーの全てのコンピュータで確実に更新できるよう、協力します。


Chromeでのエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションのインストールと有効化

  1. エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションをダウンロード・インストールします。

  2. Chrome Web StoreからエージェントデスクトップChrome拡張を追加します。

  3. Chrome拡張でそれを有効にします。


詳しい情報については、 エージェントガイド Chromeの拡張機能の有効化をご覧ください。


Firefox

Bright Patternコンタクトセンターのバージョン 3.15以降、NPAPI技術ははMozilla Firefoxでサポートされなくなりました。 Firefoxがバージョン52でNPAPIサポートを無効にし、バージョン53以降でNPAPIサポートを完全に削除するのに対応して、エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションは、エージェントデスクトップ拡張機能を介してFirefoxバージョン53より有効になります。


Firefox でのエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションのインストールと有効化

  1. エージェントデスクトップで、警告メッセージが表示されたら、次の操作を行います:

    1. downloadingリンクをクリックしてエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションをダウンロードします (Mac: bpclient_mac.pkg, Windows: BPClientSetup.exe)。

    2. インストーラーを起動させ、画面に表示される指示に従います。

    3. 警告メッセージのエージェントデスクトップ拡張機能リンクをクリックし、エージェントデスクトップ拡張機能をインストールします。これにより、Firefoxダイアログが表示され、エージェントデスクトップ拡張をアドオンとしてのインストール許可を求めるメッセージが表示されます。 インストールをクリックします。

  2. 拡張機能がFirefoxアドオンで有効になっていることを確認します。

  3. エージェントデスクトップアプリケーションに戻り、ページを更新します。


詳しい情報については、 エージェントガイド Firefoxの拡張機能の有効化をご覧ください。


Internet Explorer

Microsoft Internet Explorerの場合、Active Xコントロールが使用されるため、拡張機能は求められません。これらのコンポーネントは、エージェントデスクトップヘルパーアプリケーション自体と一緒にインストールされ、前述のブラウザーのアドオンリストに同じ名前(つまり、エージェントデスクトップヘルパーアプリケーション)で表示されます。

IEには拡張機能が求められなくても、IE 11以降のバージョンを使っているエージェントデスクトップのユーザーは、すべてのエージェントデスクトップアプリケーションログが同じフォルダーに表示されるように、ブラウザーの拡張保護モードを無効にしなければなりません (e.g., “C:\Users\<UserName>\AppData\Local\Temp\logs”)。


IEでのエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションのインストールと有効化

  1. エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションをダウンロード・インストールします。

  2. ブラウザの拡張保護モードが無効になっていることを確認します:

    1. ツール (Alt+X) をクリックし、インターネットオプションを選択します。

    2. セキュリティタブをクリックし、 拡張保護モードを有効にする チェックボックスをオフにします。

    3. OKをクリックします。


詳しい情報については、 エージェントガイド拡張保護モードの無効化をご覧ください。


Safari

Bright Patternコンタクトセンターのバージョン5.3以降、NPAPI技術ははSafari ウェブブラウザーでサポートされなくなりました。 これに対応して、エージェントデスクトップヘルパーアプリケーションインストーラー (bpclient_mac.pkg)にパッケージ化されている拡張機能を使って、Mac OS X 10.12(Sierra)以降のSafari 10、11、12でエージェントデスクトップヘルパーアプリケーションを有効にします。インストーラーは、システムが実行されているOS Xバージョンを検出し、Mac OS 10.12以降で実行される場合にのみ拡張機能をインストールします。

エージェントデスクトップを適切に実行するには、インストーラーをダウンロードして起動しなければなりません。詳しい情報については、エージェントガイド Safariの拡張機能の有効化をご覧ください。
< 前へ | 次へ >