From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Reporting-database-specification/scenario step counters and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

scenario_steps_counters

scenario_steps_counters表のの各行は、 scenario_nameフィールドで指定されたシナリオブロックが集約間隔中に特定の結果で実行された回数をカウントします。

scenario_steps_counters 表の内容例は以下の通りです。


scenario_steps_counters 表の例


データの説明

次の表には、名前(IDなど)、データタイプ (BIGINT, BINARY, BIT, DATETIME, ENUM, INT, VARCHARなど)、 scenario_steps_counters 表の各メトリック(つまり、列)の説明が含まれます。

列名 データタイプ 内容
id BINARY (16) プライマリーキー
agg_run_id BINARY (16) このレコードを生成したアグリゲーター実行
start_time DATETIME 集約間隔の開始時刻;協定世界時 (UTC)に基づき表示されます。
end_time DATETIME 集約間隔の終了時刻;協定世界時 (UTC)に基づき表示されます。
scenario_name VARCHAR 定義されているサービス名
block_type VARCHAR シナリオブロックのタイプ
block_title VARCHAR シナリオに定義されている通りのブロックタイトル
exit_id VARCHAR ブロック出口の識別子
caller_disconnect BIT このブロックの実行中に対話が相手によって終了された場合はTRUE
num_steps BIGINT block_titleフィールドで指定されたブロックが特定の結果で終了した回数( exit_idフィールドで指定された結果、または caller_disconnectフィールドで示されるように発信側によって放棄された結果)
< 前へ | 次へ >