From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• English
• 5.19 • 5.3 • 5.8

缶タブ

エージェントは、事前に録音した音声メッセージを再生することができます。詳細については、セクション 録音済メッセージの使用方法をご覧ください

サービスレベルで録音済みメッセージを定義することができます。このようなメッセージは、エージェントが指定されたサービスに関連したコールを処理する際に、エージェントのデスクトップのメッセージセレクタに表示されます。

このようなメッセージの多くは、複数のサービスで共有され、さまざまな対話型の音声応答(IVR)アプリケーションでも使用されるため、まず共有音声セグメントとして設定します。詳細については、セクション 共有音声セグメントを参照してください。

指定したサービスに共有音声セグメントを追加またはサービスから消去するには、追加/消去リンクをクリックし、一般リストと割り当てリストの間で希望のセグメントを移動します。

チャットの定型応答は、以下の場所で編集されます。 エージェントデスクトップ. 権限ユーザーは、コンタクトセンター内のすべてのユーザーのチャット定型文を編集できます。
< 前へ | 次へ >