From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• English
• 5.19 • 5.3 • 5.8

数字タブ

番号タブは、サービスとアクセス番号の関連付けを設定するために使用します。 アクセス番号の関連付けを設定するために使用されます。これらの関連付けは、さらに3つのタブ(シナリオ発信元IDテキスト発信)に整理され、以下のプロパティを使用して定義されます。


番号]タブの概要


シナリオタブ

シナリオエントリーリスト

サービスを定義する際、同時に関連するシナリオエントリーを作成することができます。 シナリオエントリー(サービスを使用するシナリオに関連付け、そのシナリオをアクセスポイントに割り当てます。)シナリオエントリーは以下のアプリケーション画面経由でも作成できますのでメモしてください: アクセス番号, シナリオおよび シナリオエントリー.

選択済サービスに関連するシナリオエントリーは、最初に作成された場所に関係なく、インバウンドシナリオエントリーのリストに表示されます。各シナリオエントリーについて、リストにはシナリオ名とアクセス番号も表示されます。

指定されたサービス内からシナリオエントリーを作成する場合は、インバウンドシナリオエントリーリストの下にある "+"マークをクリックし、表示されるプロパティシートでシナリオエントリーパラメータを定義します。

シナリオエントリープロパティ

シナリオエントリープロパティは、上記のリストで選択済のシナリオエントリーのプロパティです。これらのプロパティの説明については、セクション シナリオエントリー - ダイヤルイン.この表示では、これらのプロパティを編集したり、選択済シナリオの新規エントリーを定義することができます。


シナリオタブ画面のプロパティ


発信元」タブ

発信者番号]タブのプロパティでは、発信者番号(つまり、このサービス/キャンペーンに関連する発信を受けた際に、当事者に表示される番号)を設定することができます。発信元ID]タブのプロパティを指定する前に、まず[シナリオ]タブ(上記参照)のプロパティを指定し ダイヤルインシナリオエントリー.このサービスに関連する電話番号を指定することが特に重要です。これらの電話番号がないと、このサービスの発信元IDを確立できません。

発信元IDを設定する前に、事業を行っている管轄区域で発信元IDとして送信できるすべての法的要件と制限を必ず確認してください。

発信元IDを設定するには、以下のステップを実行します:

  1. シナリオ]タブのプロパティを指定します(上記の[シナリオ]タブを参照)。
  2. 以下のプロパティを指定します。 ダイヤルインシナリオエントリー.
  3. セレクタを使用して、このサービスの特定の発信元IDを選択するために使用する選択方法(以下の選択方法を参照)を選択します。
  4. 必要であれば、既定の発信元ID番号を指定します(以下の既定(Default)を参照)。
  5. 発信元ID番号と関連する状態情報を確認し、必要であれば追加する(下記の発信元IDリストを参照)。

発信元ID画面のプロパティ

選択方法

選択方法は、サービスの発信元IDを設定する上で重要です。選択済の方法は、発信者番号リストに複数の番号が指定されているケースの場合、特定の発信者番号の選択に使用されます。これらの方法の中には、アウトバンドキャンペーンのみに意味があるものもありますので、メモしておいてください。


サービスに使用する発信元番号を選択します。


プルダウンメニューには、以下の方法があります:

  • 既定)では、このサービス/キャンペーンで発信されるすべてのコールに、指定した外部アクセス番号が表示されます(プロパティ「既定」を参照)。
  • Random within listは、以下の発信元番号リストで定義された番号のリストからランダムに選ばれた発信元番号の1つを表示します。
  • Random within state, otherwise defaultは、以下の発信元IDリストからランダムに選択された番号のうち、ダイヤルされたレコードの州/都道府県プロパティに適合する州/都道府県設定を持つ番号を表示します。州/県情報がレコードに存在しない場合は、特定されていない既定の番号が表示されます(プロパティ「既定」を参照)。
  • Random within state, otherwise random within listは、以下の発信元IDリストからランダムに選択された、ダイヤルしたレコードの州/県プロパティに適合する州/県設定がある番号を表示します。州/県情報がレコードに存在しない場合、発信元番号はリスト全体からランダムに選択されます。
  • 発信元ID "タイプのリストフィールドから、既定(デフォルト)でない場合は、そのレコードに定義されている発信元IDが表示されます。 発信記録.通話記録に「発信元ID」フィールドの番号がない場合は、特定された既定(デフォルト)の番号が表示されます(プロパティを参照)。サービスプロバイダによって、発信に任意の発信元ID番号の使用が許可されている場合もあれば、許可されていない場合もあることに注意。任意の発信者番号の使用が利用可能でない場合、発信記録に特定されている番号は、それが アクセス番号そうでない場合は、指定された既定(デフォルト)番号が使用されます。
  • ダイヤルされた市外局番の場所に最も近い]は、市外局番がダイヤルされた番号の市外局番と同じ、または地理的に最も近い、以下の発信元IDリストの番号を表示します。(これにより、発信者がコールに応答する確率が高まる可能性がある)。このオプションは現在、米国、カナダ、オーストラリアでサポートされています。
  • 内線番号のダイレクトマッピングは、サービスやキャンペーンのアウトバウンドダイヤルのために(法人番号の代わりに)エージェントに割り当てられている番号を表示します。この選択方法は、発信元番号としてエージェントの内線番号を設定し、カスタマがエージェントのデスクトップに直接コールバックできるようにします。


既定(デフォルト)

既定(デフォルト)は、選択方法プロパティの下に表示されるプロパティで、デフォルトのサービス/キャンペーン発信元番号を選択するオプションです。選択可能な番号は、発信元番号リスト(下記参照)に最初に追加する必要があることにメモしてください。このパラメータは、キャンペーン発信元IDプロパティが既定(デフォルト)、 状態内ランダム化(デフォルト)、または発信元フィールドタイプ「Caller ID」(デフォルト)のいずれかに設定されている場合に指定する必要があります。

発信元IDリスト

画面下部の発信者番号リストには、発信者番号と関連する状態情報が表示されます。


発信元番号リストは画面下部に表示されます。


をクリックして番号をリストに追加します。

サービス/キャンペーン発信元として使用する番号は、利用可能なアクセス番号のいずれかでなければならないことにメモしてください。 アクセス番号.キャンペーンの場合、このようなアクセス番号は自動アウトバウンドダイヤル用に制限されてはならないという追加条件があります。どのような発信元タイプ(内線、シナリオ、未割り当て)のアクセス番号でも発信元IDとして使用できます。したがって、そのようなコールバックの処理には、シナリオ に関連付けられたアクセス番号を使用するのが好都合である。これは、コールバックが予想され、通常、対応するアウトバウンドコールを処理 する同じエージェントに分配されるべき、混合サービスでは特に重要である。

各番号について、オプションで状態/都道府県情報を定義できる。州/都道府県情報の使用方法については、キャンペーン発信元IDプロパティの説明を参照してください。州/県情報の綴りは、このキャンペーンに関連する架電リストで使用される綴りと適合していなければならないことに注意してください。

同じ州/県で複数の発信元番号を定義したり、異なる州/県で同じ発信元番号を複数回追加することができます。その他、他のキャンペーンで使用するために発信元番号リストをエクスポートすることもできます。その他、キャンペーン用に定義した発信元番号リストをインポートすることもできます。

アウトバンドまたはブレンドキャンペーンでは、少なくとも1つの番号を定義する必要があります。インバウンドサービスの場合、発信元番号の定義はオプションです。インバウンドサービスに番号が定義されていない場合、発信元番号は ダイヤルアウトエントリーダイヤルされたプレフィックスに関連付けられたダイヤルアウトエントリーの発信者ID番号が使用されます。
< 前へ | 次へ >