From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.2:Agent-guide/HowtoCreateaCasefromaChatSession and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

Contents

チャットセッションに基いてケースの作成

サービスチャットには、アクティブなチャットセッションに基いてケースを作成するオプションが含まれています。ケースの作成は、サービスチャットの記録作成、メールによるフォローアップ機能を含みます。 ケースにコメントを残すのはもちろん、 コンタクトで保存されたケースの検索も可能です。詳しい情報は、 ケースをご覧ください。


アクティブなチャットセッションに基いてケースを作成するには、ケース作成 Cases-Create-Case-Button-50.PNG ボタンをクリックします。このボタンをクリックすると、コンテキスト情報エリアにおいて新しいケースが表示されます。新しいケースは自動的に番号が割り当てられます。また、ケースに名前を付けコメントフィールドにコメントを入力することができます。最後に保存 Save-Button-50.PNGボタンをクリックします。


アクティブなチャットセッション中に作成できるケース


コンタクトにおいてケースを検索するには、検索バーにケース番号または名前を入力します。メールの送信が行われていないケースは、アクティブとして表示されます。フォローアップメールが送信されたケースは、クローズドとして表示されます。


コンタクトにおけるケースの検索


選択されたケースはチャット履歴と共に、右側のパネルに表示されます。電子メールを送信するには、パネルの下部にある 開く Open-Case-50.PNG ボタンをクリックします。尚、お客様宛にフォローアップメールを送信できます。送信された電子メールはケース記録に含まれます。


お客様宛にメールを送信するため、ケースを開く
< 前へ | 次へ >