From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Contact-center-administrator-guide/Tutorials/ConfigurationQuickStart and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Contents

設定のクイックスタート

このセクションでは、Bright Patternのコンタクトセンター管理者アプリケーションにおける一般的なコンタクトセンタータスクの設定方法について説明します。

このクイックスタートは、コンタクトセンターが受信サービス、発信キャンペーン、またはその両方に使用されるかどうかに関係なく、コンタクトセンターをすばやく稼働させるのに役立ちます。各コンタクトセンターの環境はユニークなものであるため、以下の情報は一般的なガイドラインとしてのみ使用できます。


ステップ 1: ログインします。

  ログイン手続きに基づいて https://<your.tenant>.brightpattern.com/adminへ進み、ユーザー名とパスワードを使ってログインします。


コンタクトセンター管理者ログイン


ステップ 2: アプリケーションの設定を調整します。

Contact Center管理者の アプリケーション設定を以下の通りに更新します:

  • ご希望のタイムゾーンと言語を設定します。
  • 必要に応じてパスワードを変更します。

タイムゾーンは、 一般設定のと同じです。


タイムゾーン、言語、パスワードの設定


ステップ 3: ユーザーアカウントとチームを作成します。

  1. 自分用およびコンタクトセンターの設定と管理する他のユーザー用の ユーザー アカウント を作成します。初期設定上、これらのユーザーは管理者チームのメンバーになることができます。

    コンタクトセンターへユーザーを追加します。


  2. ユーザーがタスクを実行できるようにするため、ユーザーに対して適切な 役割(複数可)を割り当てます。

    ユーザーの役割を選択します。


  3. コンタクトセンターに チームを追加し、チームに対して分かりやすい名前を付け、チーム固有の設定を定義します。

    ユーザーが割り当てられるチームに名前を付け、定義します。


  4. ユーザーを作成またはインポートします。

    1. ユーザーに対して適切な 役割 (例: “エージェント” または “スーパーバイザー”)を与えます。

    2. ユーザーをチームに割り当てます。

    3. 全ユーザーの写真をアップロードすることについて検討します(お客様に対してサービスを提供するため、または内部コミュニケーションを行うためにチャットメディアを使用する場合)。

  5. ユーザー > チームへ戻り、特定のエージェントチームの監視を行うユーザーを割り当てます。エージェントデスクトップでスーパーバイザー機能を使うには、指定されたスーパーバイザーとしてユーザをチームに追加しなければなりません。

  6. 役割ごとに 権限 を与えます。.

    権限を使ってユーザーは特定の機能にアクセスできます。


ステップ 4: 一般設定を更新します。

コンタクトセンター全体、特にエージェントデスクトップのユーザーに適用される 一般設定の既定値を確認および変更します。


コンタクトセンターのシステム全体の設定を更新します。


ステップ 5:メール設定を指定します。

メール設定では、システム全体のレベルでメールを設定して、次のことを可能にします。

  • ユーザーがメールメッセージの標準のヘッダーとフッターを使用できること
  • ユーザーはエージェントデスクトップでメールメッセージを送受信できること
  • 標準の “パスワードのリセット”メールがパスワードを忘れたユーザーに自動的に送信されること
  • チャット記録を配信するメールは、コンタクトセンター用にカスタマイズされること


全ユーザーのメール設定を更新します。


ステップ 6: ボイスメールを設定します。

コンタクトセンター用の ボイスメールを有効にし、新しいボイスメールメッセージが届いたときにユーザーに対して送信される標準の通知メールを作成します。


ボイスメール設定を更新します。


ステップ 7: 事前に録音された音声メッセージを設定します。

  1. サービスキュー・通知・受信コールなどの 音声処理 を用意・アップロードします。

    音声処理の設定


  2. 通知・プロンプト・挨拶などに使うために共有する 音声セグメント、外部で定義された音声メッセージを作成します。

  3. 既定の ボイスメールの挨拶を録音・アップロードします。これらのボイスメールは、ユーザーがアップロードしない限り、全ユーザーが使えるスタンダードな挨拶です。


ステップ 8: 通話録音の設定と評価カテゴリを指定します。

  1. 通話録音と監視 では、録音される通話の割合(目標)を指定します。

    通話録音と監視の設定


  2. 必要な場合、 評価カテゴリーへ進み、既定の品質評価カテゴリーを変更します。

    評価カテゴリーの更新


ステップ 9: コンタクトセンターの営業スケジュールを定義します。

コンタクトセンターの カレンダー および 営業時間を指定します。


コンタクトセンターに多くのカレンダーを保存することが可能です。


これで、初期設定が完了しました。音声、チャット、メールなどのコンタクトセンターサービスの設定に役立つ、Bright Patternのサービス設定クイックスタートを必ずお読みください。


サービス設定のクイックスタート

各タイプのサービスの設定手順については、次のリンクをご覧ください: