From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Contact-center-administrator-guide/UsersandTeams/Roles and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Contents

役割

役割とは、ユーザーがBright Patternコンタクトセンター内で特定の機能にアクセスできる権限(即ち、許可)の組み合わせを意味します。従って、役割は、ユーザーがコンタクトセンター内で行える作業の種類を定義します。 例えば、コール配信のシナリオを作成するには、ユーザーは シナリオ管理という権限を含む役割が必要です。ユーザーは、同時に割り当てられる複数の役割を果たすことができます。


ユーザー & チーム > 役割


Bright Patternコンタクトセンターは、ソリューションの初期インストールが行われた後に利用可能な役割(事前に設定されたもの)を提供しています。これらの役割を先ず確認し、コンタクトセンターの仕組みが十分に反映されているかどうかをご判断ください。変更が必要な場合は、事前に設定された役割の内容変更、削除、新しい役割を作成します。

役割を操作するには、 ユーザ & チーム メニューより 役割 オプションを選択します。


画面プロパティ

役割

役割の画面プロパティは以下の通りです。

名前

名前 とは、役割名を意味します。この名前は、コンタクトセンターにおいてユニークな名前でなければなりません。

ライセンス

このプロパティは、今後の使用のために予約されています。

新しく作成されたユーザーに対してこの役割を割り当てる

新しく作成されたユーザーに対してこの役割を割り当てるは、特定の役割が新しく登録されたユーザーに対して自動的に割り当てられるかどうかを示します。 例えば、一部または全てのユーザーがサービス対話を処理できるようにする際、既定の役割エージェントに対して上記のプロパティを選択すると、新しく登録される全てのユーザーには当該の権限が与えられます。既定の役割として割り当てられた役割はいつでも手動で削除できます。


権限

このタブは、特定の役割と一緒に与えられる権限を定義します。権限とは、Bright Pattern コンタクトセンターにおける特定の機能へのアクセスを許可するものです。


役割 > 権限


権限は2つの種類があります:

  • 所有 :その権限を所有するユーザーは、関連する機能にアクセスできるかどうかを定義します。
  • 付与または取り消し:ユーザーが権限を含む役割を他のユーザへ付与できるかどうか、またはその役割を取り消しできるかどうかを定義します。

権限に関する詳しい情報は、 権限をご覧ください。一部の機能へのアクセスには、権限の組み合わせが必要です。

ご注意: BPOクライアント の権限グループには、BPOクライアントが品質管理などのシステム機能へアクセスしたい場合、BPOコールセンターの操作をサポートするための権限が含まれます。このアクセスは、BPOコンタクトセンターが特定のクライアントに対して提供するサービスに限定されます。このグループの権限は、対応するユーザーがレビュアーとして割り当てられているサービスに対してのみ適用されます。詳しい情報は、 サービスおよびキャンペーン - 割り当てタブをご覧ください。特定の役割が既定の役割として新しいユーザーに割り当てられる場合( 新しく作成されたユーザーに対してこの役割を割り当てるを参照)、BPOクライアント専用の役割により定められるシステム機能以外の機能の利用を防止するため、BPOクライアントからこの役割を削除しなければなりません。


ユーザータブ

ユーザーリストとは、選択した役割が現時点で割り当てられているユーザーの一覧を意味します。リストには、各ユーザーの氏名、内線番号、所属チーム名が表示されます。ユーザーの設定を編集するには、そのユーザーの行をダブルクリックします。

選択した役割を複数のユーザーに割り当てるには、ユーザーの割り当てボタンをクリックします。


役割 > ユーザータブ画面プロパティ
< 前へ | 次へ >