From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Agent-guide/Tutorials/Chat/SurflyCo-browsing and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Contents

Surfly統合を使って画面共有

Surfly画面共有ソリューションがコンタクトセンターに統合されている場合、コンタクトセンターのチャットサービスを操作すると、画面共有Initiate-Remote-Session-Button.PNGボタンが表示される場合があります。画面共有により、エージェントとお客様は同じウェブリソースを同時にナビゲートできます。これは、複雑なウェブページの操作、複雑なフォームの記入などに役立つ理想的なソリューションです。

画面共有はシステム管理者によってコンタクトセンター用に設定されています。画面共有オプションが表示されない場合は、サービスまたはコンタクトセンターで利用できない可能性があります。

次のチュートリアルでは、画面共有の仕組みについて説明します。

  • 画面共有セッションの開始と承諾
  • セッションの操作
  • セッションの終了

手順

  1. アクティブなチャットセッション中に、お客様との画面共有が必要だと思われる場合は、先ずお客様にそれについて提案します。興味がある場合は、チャットコントロールの画面共有Initiate-Remote-Session-Button.PNGボタンをクリックし、セッションを開始します。

    画面共有の開始


  2. お客様に次のダイアログウィンドウが表示されます。画面共有セッションを開始するには、承諾をクリックします。承諾すると、セッションが始まります。

    お客様は画面共有セッションを承諾します。


  3. セッションが開始されると、画面共有タブの下部に画面共有コントロールが表示されます。お客様が使うコントロールは画面の上部にあります。画面を見ることができるが、操作できないことをお客様に説明できます。

    お客様の画面は画面共有タブに表示されます。


  4. エージェントがセッションの操作を要求する場合は、アイコンをクリックします。エージェントは、お客様からアクセスの許可を付与されます。

    お客様は許可を付与します。


  5. 終了したら、エージェントまたはお客様のいずれかが画面共有タブの Xアイコンをクリックして、画面共有セッションを終了できます。セッションは終了しますが、チャットを続けることができます。

    画面共有セッションの終了後、チャットを続けます。
    < 前へ | 次へ >