From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Agent-guide/Tutorials/Chat/HowtoFlagaChatSession and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Contents

対話にフラグを付ける方法

サービスチャットおよびコールには、アクティブな対話中にフラグをつける機能が含まれています。対話にフラグをつけることは、複雑な問題の解決に役立てます。アクティブなチャットまたはコールにフラグをつけると、エージェントが属しているチームを監督するスパーバイザーはこのフラグを必ず見ます。 スパーバイザーは、セッションの モニタリング、コーチング、バージインを行う権限を持っており、直接お客様とチャットまたはコールできます。


アクティブな対話にフラグをつけるには、 フラグ Chat-Flag-50.PNGボタンをクリックします。フラグのついた対話に対して、スパーバイザーは パーソナルチャット メッセージ送信、直接のコーチング、お客様との会話への入り込み(バージイン)など、あらゆる行動をとることができます。


フラグのついたチャット例
< 前へ | 次へ >