From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

リモートアシスタンスとの統合

リモートアシスタンスの統合により、リモートデスクトップサポートとモバイルデバイスサポートサービスがBright Patternコンタクトセンターの音声またはチャットサービスの対話に対してご利用できます。

新しいリモートアシスタンス統合アカウントの追加

  1. コンタクトセンター管理者アプリケーションで、設定>コールセンター設定>統合アカウント に移動します。

  2. + をクリックし、 リモートアシスタンス 統合アカウントを追加します。

    "リモートアシスタンス"統合アカウントの選択


  3. LogMeIn Rescueというアカウントタイプを選択します。

    "LogMeIn Rescue"の選択


  4. アカウントのプロパティを入力します。

  5. 画面の下部にある適用をクリックして変更を保存します。

プロパティ

LogMeIn Rescueの統合アカウントタイプのプロパティは次のとおりです。


LogMeIn Rescue統合アカウントのプロパティ


アカウント名

統合アカウントの任意の名前です。

既定のアカウント

この統合アカウントを既定のリモートアシスタンスアカウントとして設定する場合、このチェックボックスを選択します。

承認

統合アカウントを初めて作成する場合、プロパティページに統合はLogMeIn Rescueで承認されていませんというメッセージが表示されます。

音声およびチャットサービス中にエージェントがリモートアシスタンスを提供できるようにするコンタクトセンターには承認が必要です。

承認をクリックすると、LogMeIn Rescueの管理責任者がRescue 技術者コンソールアプリケーションにログインするために使う認証情報を設定するように求められます。

この統合では、ユーザーのメールアドレスがリモートセッションの確立に使われるため、管理責任者が技術者になれませんので、ご注意ください(以下のユーザー名の説明を参照)。


LogMeIn Rescueユーザーの認証情報


ユーザー名

LogMeIn Rescue技術者コンソールアプリケーションへの管理者レベルのアクセス権を持つユーザーのメールアドレスです。このユーザーのIDは、他のユーザー/技術者のセッションの設定と開始に使用されます。

パスワード

Rescue技術者コンソールのパスワードです。


認証情報を設定すると、統合アカウントのプロパティページに、アカウントの使用権限に関する情報が表示されます。必要に応じて、再認証をクリックしてLogMeIn認証情報を再度入力できます。

LogMeIn Rescue統合アカウントのプロパティ


詳しい情報

LogMeIn統合の設定と使用方法については、 LogMeIn統合のクイックスタートをご覧ください。

< 前へ | 次へ >