From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

Amazon AWS統合

Amazon Web Services (AWS) S3は、録音や画面録画を保存するために使用できます。ファイルは、保存または再生のためにAmazon S3アカウントにアップロードまたはダウンロードされます。S3アクセス認証情報は、 S3に保存された記録に対して対話記録の検索再生を有効にするために、統合アカウントに保存されています。

BPO操作をサポートするには、複数の統合アカウントの設定が可能です。

ご注意:

  • この統合オプションは、サービスプロバイダーによってコンタクトセンターで有効にされなければなりません。
  • この統合を使うには、レコードを保存するための既存のAWSアカウントとS3バケットが必要です。 AWSはBright Patternとは別のものです。
  • レコードのエクスポートは、特定のサービスに対して設定されています。詳しい情報については、 レコードの定期エクスポートをご覧ください。
  • Amazon AWSにエクスポートされたレコードは、サービスプロバイダーと合意したレコードの保存時間に応じて、Bright Patternを介してアクセスできます。
  • AWSを使用する代わりに、この統合アカウントを使ってS3互換のローカルストレージを設定できます。


プロパティ

Amazon AWS 統合アカウントプロパティ


タイプ

タイプは統合アカウントのタイプです。

アカウント名

名前は、この統合アカウントのユニークな名前です。テナントが同タイプの複数の統合アカウントを使用する場合は、わかりやすい名前を付けると便利です。

プライベートS3ストレージの使用

このオプションを使って、S3互換のプライベートストレージを設定できます。詳細については、 附属: プライベートS3 ストレージの設定をご覧ください。

Url

これは、プライベートS3ストレージへのURLパスです。URLは、プライベートS3ストレージの使用が有効になっている場合は、指定しなければなりません。

アクセスキー ID

アクセスキーID (例えば、 AKIAIOSFODNN7EXAMPLE) は、AWSアクセスキーの一部です。これは、AWS SDK, REST, クエリAPI操作を使う場合に、AWSに対して行うプログラム的なリクエストに署名するためのセキュリティ認証情報です。 AWS SDKは、アクセスキーを使ってリクエストに署名します。

AWSアクセスキーは、常にアクセスキーIDとシークレットアクセスキーで構成されます。

シークレットキー

シークレットキー (例えば、 wJalrXUtnFEMI/K7MDENG/bPxRfiCYEXAMPLEKEY) は、AWSアクセスキーのもう1つの部分です。シークレットアクセスキーと呼ばれる シークレット IDAWS SDK, REST, クエリAPI操作を使う場合に、AWSに対して行うプログラム的なリクエストに署名するためのセキュリティ認証情報です。AWS SDKは、アクセスキーを使ってリクエストに署名します。

AWSアクセスキーは、常にアクセスキーIDとシークレットアクセスキーで構成されます。

S3バケット

S3 バケットは、クラウドにデータ(写真、ビデオ、ドキュメントなど)を保存するAmazon S3バケットのユニークな名前です。録音や画面録画をAmazon AWS S3にアップロードまたはダウンロードするには、データの保存に使用されるS3バケットを指定する必要があります。

テスト接続

このボタンは認証情報をテストし、接続が有効かどうかを確認します。

< 前へ | 次へ >