From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

Messengerとの統合

Bright Pattern コンタクトセンターがメッセンジャー(Facebook Messenger, LINE, Telegram, Viberなど)と統合されると、Bright Pattern エージェントデスクトップの環境はメッセンジャー アプリケーションまたはお客様の携帯電話・タブレット・パソコンのアプリケーションから配信される対話を処理できるように構成されます。受信されるチャット対話は、エージェントが電話、ライブチャット、メール、SMSテキスト、その他のさまざまなモバイルメッセンジャーアプリケーション、お客様とエージェントのレコード、対話の詳細などに直接アクセスできる、エージェントデスクトップの統合環境にルーティングされます。統合設定には、貴社のメッセンジャーアカウントをBright Pattern コンタクトセンターのテナントへリンクすることも含まれます。

メッセンジャー統合アカウントを追加するには、 追加 "+"ボタンをクリックしてご希望のタイプのメッセンジャーを選択します。


Messenger統合アカウントのタイプ選択


メッセンジャー統合アカウントの各タイプのプロパティは以下の通りです。各タイプの詳細については、対応する統合ガイドをご覧ください。

Facebook Messenger のプロパティ

Facebook Messengerタイプの統合アカウントのプロパティは以下の通りです。統合の手順と設定の詳細については、 Facebook Messenger統合ガイドをご覧ください。


Facebook Messenger 統合アカウントのプロパティ

ページのユーザー名

お持ちのFacebookページのユーザー名を意味します。

タイプ

Messenger統合タイプとしてFacebookを選択します。

ページID

お持ちのFacebookページの正確なページIDです。

トークン

お持ちのFacebookページのページアクセストークンです。

Webhook検証トークン

Facebookのサーバーが本物であることを確認するためのトークンです。Facebookはお客様からのメッセージを送信する際にその確認を要求します。トークンがない場合は、下のランダムトークンを生成するをクリックしてください。

ランダムトークンの生成

ランダムWebhookトークンが生成され、そのトークンをお持ちのFacebook App 管理ページの Webhook>ページサブスクリプションの編集>検証トークン にコピー/貼付できます。

接続テスト

認証情報のテスト、接続状況の確認が可能です。

LINE プロパティ

LINEタイプの統合アカウントのプロパティは以下の通りです。統合の方法と設定に関する詳しい情報は、 LINE統合ガイドをご覧ください。


LINE統合アカウントのプロパティ


アカウント名

お持ちの統合アカウントの名前です(必ずしもLINE @アカウント名を使う必要はありません)。

タイプ

この統合アカウントの場合、統合 タイプとしてLINEを選択します。

トークン

お持ちのLINE@アカウント専用のアクセストークンです。

接続テスト

認証情報のテスト、接続状況の確認が可能です。

Nexmo プロパティ

Nexmoタイプの統合アカウントのプロパティは以下の通りです。


Nexmo 統合アカウントのプロパティ


アカウント名

統合アカウントの任意の名前です。

タイプ

“Nexmo”というメッセンジャー統合アカウントのタイプが選択されたため、既定のタイプも“Nexmo”です。

キー

Nexmoアカウントの作成時に作成されたAPIキーです。 APIキーとシークレットは、Nexmoダッシュボードのアカウント設定で確認できます。

シークレット

Nexmoアカウントの作成時に作成されたAPIシークレットです。 APIキーとシークレットは、Nexmoダッシュボードのアカウント設定で確認できます。

Telegram プロパティ

Telegramタイプの統合アカウントのプロパティは以下の通りです。統合の方法と設定に関する詳しい情報は、 Telegram 統合ガイドをご覧ください。


Telegram メッセンジャー統合アカウントのプロパティ


ボットユーザー名

お持ちのTelegramボットの正確なユーザー名です。

タイプ

この統合アカウントの場合、統合 タイプとしてTelegramを選択します。

トークン

お持ちのTelegramボット専用のAPIトークンです。

Webhookを設定する

Webhookを設定するボタンをクリックし、Telegramのサーバーが本物であることを確定してください。Telegram はお客様からのメッセージを送信する際にその確認を要求します。トークン/Webhookは、こちらで生成できないため、Telegramから入手してください。

接続テスト

認証情報のテスト、接続状況の確認が可能です。

Viber プロパティ

Viberタイプの統合アカウントのプロパティは以下の通りです。統合の方法と設定に関する詳しい情報は、 Viber 統合ガイドをご覧ください。


Viberメッセンジャー統合アカウントのプロパティ


ボットユーザー名

お持ちのViber Publicアカウントの正確なユーザー名です。

タイプ

この統合アカウントの場合、統合 タイプとしてViberを選択します。

トークン

お持ちのPublicアカウント申請が承認された後に与えられるパスワードです。

Webhookの設定

Webhookの設定機能は、Viberがお客様からのメッセージを送信する時に使われます。Webhookの設定ボタンをクリックすると、WebhookのURLが入力されているWebhook設定ウィンドウが開きます。

WebhookのURL(ホストとポート)

お持ちのサーバーのアドレスとポート番号です(例:“ office.yourcompany.com:1234”)。サーバーのURLまたはポート番号がわからない場合は、システム管理者にお問い合わください。

接続テスト

認証情報のテスト、接続状況の確認が可能です。

< 前へ | 次へ >