From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

音声認識 (STT)との統合

音声認識(STT)との統合により、テナントは音声認識機能を使用して通話内容を書き起こし、対話記録として保存できます。 フルテキスト記録は検索可能であり、感情(センチメント)属性を含みます(自然言語理解が有効になっている場合)。

Bright Patternは、IBM Watson、GoVivace、GoogleなどのSTTプロバイダーと統合します。


STT統合タイプの選択


Google プロパティ

GoogleのCloud Speech APIは、音声をテキストに変換します。 プロパティダイアログで、次のようにGoogle同期STTインスタンスの認証情報を入力します。これにより、Bright PatternがSTTリソースにアクセスでき、それを対話で使用できるようになります。

ご注意: Google STTでは、お支払い方法をアカウントに登録しなければなりません。これがないと、STTサービスが警告なしで機能せず、Google APIダッシュボードにエラーが発生します。


Google 同期STT統合アカウントのプロパティ


アカウント名

統合アカウントのユニークな名前を意味します。

タイプ

“Google同期STT”はアカウントの追加時に選択されたため、既定のタイプになります。

URL

初期設定上、 https://speech.googleapis.com/v1/です。

APIキー

GoogleのCloud Speech APIの認証に使われるサービスキーIDです。このキーは、サービスアカウントの認証情報を取得したときに生成されます。


GoVivace プロパティ

プロパティダイアログで、次のようにGoVivace STTインスタンスの認証情報を入力します。これにより、Bright PatternがSTTリソースにアクセスでき、それを対話で使用できるようになります。


GoVivace統合アカウントのプロパティ


アカウント名

統合アカウントのユニークな名前を意味します。同タイプの統合アカウントを複数持つことができるため、わかりやすくて覚えやすい名前を付けると便利です。

URL

初期設定上、wss://services.govivace.com/telephonyです。

STT統合は、安全なWebSocketぷとロコる (つまり、 "wss")を使っているため、 wss://プレフィックスのみが使用可能です。

APIキー

GoVivace API キーです。

既定のアカウント

この統合アカウントを既定のSTT統合アカウントに設定する場合は、 既定のアカウントチェックボックスを選択します。


Watsonプロパティ

プロパティダイアログで、次のようにIBM Watson STTインスタンスの認証情報を入力します。これにより、Bright PatternがSTTリソースにアクセスでき、それを対話で使用できます。


Watson統合アカウントのプロパティ


アカウント名

統合アカウントのユニークな名前を意味します。

タイプ

“Watson”はアカウントの追加時に選択されたため、既定のタイプになります。

URL

Websocket プレフィックス + IBM 音声認識 URLです。このURLは、IBM 音声認識サービスの認証情報で確認できます。

例: wss://api.us-south.speech-to-text.watson.cloud.ibm.com/instances/1a23456f-121d-4c52-bc06-62168f5a18de

STT統合は安全なWebSocketプロトコル(つまり"wss")を使うため、 wss:// プレフィックスのみがご利用できます。

認証方法

APIキー

IBM 音声認識リソースのサービスインスタンス用のAPIキー(文字列)です。このキーは、安全で認証済みリクエストを行うために使用されます。

APIキーは、IBM Cloudの音声認識サービスの認証情報に含まれています。

ユーザー名/パスワード (旧パージョン)

ご注意: このオプションは、Bright Pattern コンタクトセンターのバージョン5.3.12より廃止されました。認証手続きには、APIキーをご利用ください (上記参照)。

ユーザー名パスワードは、IBMの音声認識サービスAPIの認証に最初に使われたユーザー名(文字列)とパスワード(文字列)です。以前、ユーザー名とパスワードは、サービスインスタンスの認証情報に含まれていました。 2019年10月30日現在、IBMはこの認証方法をサポートしていないため、ユーザー名/パスワード認証を"旧バージョン"と呼びます。IBMは現在IAM認証(APIキー)のみをサポートしています。 IAM認証の詳細については、 IBM Cloud Docsをご覧ください。

既定のアカウント

この統合アカウントを既定のSTT統合アカウントに設定する場合は、 既定のアカウントチェックボックスを選択します。

< 前へ | 次へ >