From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Contents

統合アカウントの概要

統合アカウントにより、コンタクトセンターは、顧客関係管理(CRM)や人事管理(WFM)アプリケーションなどのサードパーティシステムと連携できます。以下は、統合アカウントタイプを含む記事のリストです:


コールセンター設定> 統合アカウント


統合アカウントの管理

新しい統合アカウントの追加

  1. コンタクトセンター管理者アプリケーションの コールセンター設定 > 統合アカウントへ移動します。

  2. 画面の下部にある追加 ('+) ボタンをクリックすると、タイプダイヤログが開きます。

  3. 追加する統合アカウントのタイプを選択します(上記のタイプへのリンクを参照)。

既存の統合アカウントの編集

  1. コンタクトセンター管理者アプリケーションの コールセンター設定 > 統合アカウントへ移動します。

  2. 表示されたアカウントから、編集する統合アカウントを選択します。

  3. 開いたプロパティペインで、プロパティを編集します。

  4. 適用 をクリックして変更を保存します。

統合アカウントの削除

  1. コンタクトセンター管理者アプリケーションの コールセンター設定 > 統合アカウントへ移動します。

  2. 画面下部にある削除 (X)をクリックします。

  3. 開いたプロパティペインで、プロパティを編集します。

  4. 適用 をクリックして変更を保存します。

ご注意

転送レイヤーセキュリティ(TLS)暗号化プロトコル(バージョン1.1 以降)は、Bright PatternとCRMアプリケーション間で転送されるデータのセキュリティを確保します。

人事に関するスケジューリングに必要なレポートは、コンタクトセンター管理者アプリケーションの定期レポート画面を介して、自動生成および自動配信できます。
< 前へ | 次へ >