From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Supervisor-guide/WorkingasanAgent and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Contents

エージェントの業務履行

スーパーバイザーは原則として、サービス対話の処理や状態の管理など、すべてのエージェント機能を利用できます。 これらの機能の使用方法については、Bright Pattern コンタクトセンターのエージェントガイドをご覧ください。

作業セッション中にエージェントの業務を履行するには、ユーザ状態を監視中から受付可能に変更してください。

  1. ユーザステータスの表示/選択アイコンをクリックし、サービス対話の処理ができる状態であれば、 受付可能を選択します。
  2. エージェント状態の手動管理に関連する操作については、 エージェントガイドに従ってください。


受付可能な状態を選択する


ご注意: Bright Pattern コンタクトセンターシステムでは、様々な機能へのアクセスは役割の割り当てによって制御されます。 エージェント機能を実行できるようにするには、スーパーバイザーの役割に加えて、システム管理者によって割り当てられるエージェントの役割も必要です。 ログインした後、状態を受付可能に変更できない場合、エージェントの役割が元々割り当てられていない可能性が高く、サービスコールの発信または受信ができません。 ユーザプロファイルにエージェントの役割を追加するには、システム管理者に問い合わせてください。
< 前へ | 次へ >