From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Reporting-reference-guide/TelemarketingComplianceReport and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

テレマーケティングコンプライアンスレポート

プレディクティブおよびプログレッシブキャンペーンに適用するテレマーケティングコンプライアンス レポートは、未対応コールタイムアウト内で受信者によって応答されてもエージェントに接続されていないコールを対象とします。

ご注意: FCCは、これらのコールを"放棄されたコール"と呼び、応答されたコールの合計件数に対してキャンペーン内のそのようなコールの件数を制限します。関連するメトリックは放棄率と呼ばれます。Bright Patternでは、このようなコールは未対応と呼ばれ、関連する比率は未対応 %と呼ばれます。この区別は、エージェントに接続される前にお客様によって切断されたコール用に予約されている、コンタクトセンター業界での従来の放棄との混乱を避けるために行われます。


テレマーケティングコンプライアンスレポートには、プレディクティブおよびプログレッシブキャンペーンで応答したがタイムアウトしたコールが表示されます。


メトリックの説明

このレポートのメトリックは、レポートで表示される順序で、以下の通り列に分けられます。


応答されたコール

応答されたコールは、受信者によって応答されたキャンペーンコールの件数を示します。


未対応コール

未対応コールは、受信者によって応答されてからその後IVRに転送されたまたは 切断されたまたは未対応コールタイムアウトを超えてエージェントに接続されたキャンペーンコールを含みます。


未対応 %

未対応 % は、応答されたコールに対する 未対応コールの割合を示します。

< 前へ | 次へ >