From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.8:Reporting-reference-guide/DetailedFormat and the translation is 92% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

詳細フォーマット

ここでは、システムから詳細フォーマットでエクスポートまたはダウンロードされたキャンペーン結果のフィールドについて説明します。このフォーマットは、コールレコードに対して行われたすべてのコール試行の結果をコール試行ごとに1行で示します。実際にダイヤルが開始されなかった場合(例えば、レコードが発信禁止条件に一致した場合やキャンペーンのクォータに達した場合など)を含め、レコードに関連するすべての試行がリストされます。


キャンペーンの結果はシンプルまたは詳細フォーマットで表示されます。


詳細フォーマットのフィールド説明

アクティビティフォームフィールド

アクティビティフォームフィールドは、キャンペーンに関連づけられた アクティビティフォームフィールドの値を示します。結果にエクスポート とマークされているフィールドのみが結果に表示されます。

エージェント

エージェントフィールドには、特定のコール試行中にお客様と最後に会話したエージェントのユーザー名が表示されます。

ANI

自動番号識別 (ANI) は、キャンペーン設定中に定義された発信者の電話番号を意味します(発信者IDとも呼ばれます)。

ANIフィールドは、キャンペーンのプレビュー結果には表示されません。プレビューキャンペーンを実行していた場合、またはキャンペーンの設定に問題がある場合、ANIフィールドは空白のまま表示される場合があります。

応答の継続時間

応答の継続時間 は、ライブ音声が検出されてからリリースされるまでの、このコール試行の結果となったコールの継続時間を提供します。この時間には、後処理の作業は含まれません。失敗したコール試行の場合、このフィールドは、“0”に設定されます。

応答の継続時間は、プレディクティブ/プログレッシブキャンペーンでのみ使用できます。プレビュータイプのキャンペーンの場合、"0"に設定されます。

対話結果

対話結果は、このコール試行に対して設定された結果を提供します。事前定義された対話結果の説明については、コンタクトセンター管理者ガイド事前定義された対話結果をご覧ください。

対話結果コード

対話結果コードは、 対話結果の英数字コードを提供します(設定で定義されている場合)。

通話記録のフィールド

通話記録のフィールドは、この通話が試行された通話記録の全てのフィールドを提供します。フィールドは同じ名前と値を持っており、 コールリストに表示されるのと同じ順序で配置されます。

コールノート

このフィールドは、このコール試行のためにエージェントが入力したコールノートを示します。

コールの試行が失敗した場合、システムはこのフィールドを使って、失敗したコールの試行の詳細を報告できます(CPA結果およびSIP 信号コード)。 CPA結果の解釈については、以下のCPA_resultをご覧ください。

コールの開始時刻

コールの開始時刻は、この通話試行が開始された日時を示します。

完了

このコール試行中にレコードが完了した(最終対話結果が設定された)場合、完了フィールドは “1” に設定されます。 それ以外の場合は、"0"に設定されます。 対応するキャンペーンクォータに達したためにこの試行で処理が停止されたレコードの場合(以下のクォータ不足を参照)、このフィールドは“0”に設定されます。

接続済み

PSTNの観点からコールが確立された場合、接続済みフィールド は “1” に設定されます。他の場合、このフィールドは“0”に設定されます。確立されたコールには、接続料金と通話料金が発生する場合があります。

CPAの時間

CPAの時間は、ネットワークのシグナリングが応答としてコールを報告した瞬間から、応答のタイプに関する決定(つまり、ライブ音声、FAX /モデム、留守番電話)が行われるまでの、このコール試行のCPA(コール進行分析)フェーズの時間を提供します。

CPA Duration is available for predictive/progressive campaigns only. Set to "0" for campaigns of the preview type.

CPA 記録ファイル

CPA 記録ファイルは、特定のコール試行に関するCPA記録が保存されているファイルの名前を示します。

CPA結果

CPA結果は、特定のコール試行のコール進行分析の結果を示します。

使用可能な値は以下の通りです:

内容
0 不明 (結果無し。たとえば、CPAが適用または終了する前に通話が終了したとき)
1 音声 (ライブ音声が検出されました)
2 留守番電話 (留守番電話のグリーティングが検出されました)
3 案内 (ライブ音声または留守番電話のグリーティング以外の音声(IVRプロンプトなど)が検出されました)
4 FAX (ファックス/モデム応答が検出されました)
5 SIT (SITトーンが検出されました )
6 ビジー (ビジートーンが検出されました; 通常、受信側が話中であることを示します)
7 高速ビジー (高速ビジー信号が検出されました; 通常、ネットワークの輻輳が原因でコールを確立できないことを示します。無効な番号や切断された番号を示すためにも使用されることがあります。)
8 リングバック (リングバックトーンが検出され、無応答タイムアウトを超えて継続しました。詳細については、コンタクトセンター管理者ガイドの発信キャンペーン設定をご覧ください 。)
9 無音 (音が5秒以上検出されません。)


CPAの結果は、コールの結果に直接(1対1)関連しない場合があります。後者は、CPAの結果、回線信号、およびその他の要因の組み合わせに基づいて決定されます。

CPA RTP サーバー id

CPA RTP サーバー idは、 CPA記録ファイルが保存されているRTPサーバーのホスト名の識別子を示します。

ダイヤル時間

このフィールドは、開始された瞬間からネットワークシグナリングが応答または失敗(輻輳、話中、無効な番号など)として報告するまでの、このコール試行のダイヤルフェーズの継続時間を示します。

Dialing Duration is available for predictive/progressive campaigns only. Set to "0" for campaigns of the preview type.

グローバル対話 ID

このフィールドは、コール試行のグローバル対話IDを示します。フィールドが空白な場合は、コールが実際にダイヤルされなかったことを示します。プレビューキャンペーンの場合、エージェントが1件のプレビューレコードの処理中に複数のコール試行を行うと、そのようなコール試行には同じグローバルIDが付与されます。

コール試行回数

このフィールドは、特定のコールに対する試行回数を示します。 コール試行回数が “1”に設定されている場合、コールが実際にダイヤルされたことを示します。 Bright Pattern コンタクトセンターのバージョン3.11からは、空白ではないグローバル対話ID フィールド(下記参照)も同じ目的に使用できます。

受信コール

コール試行が混合サービス内の受信コールであった場合(つまり、お客様がキャンペーンの発信者IDを使って不在コールを返した場合)、このフィールドは "1"に設定されます。 受信コール は、 コール試行回数 が "1"に設定されている場合にのみ指定されます。

リスト名

リスト名は、設定で定義されているように、このコール試行が行われたレコードを含むコールリストの名前を示します。

特定のレコードに関連する キャンペーンクォータ に達したため、またはレコードがキャンペーン内で定義されているクォータ グループと一致しなかったため、レコード処理が停止または開始されなかった場合は、クォータ不足フィールド は "1"に設定されます。

クォータグループ

クォータ不足フィールドが "1"に設定されているレコードの場合、このフィールドには、上記のレコードを処理する前にどのグループがクォータに達したかが表示されます。キャンペーン内で定義されたクォータグループに一致しないためにレコードが処理されなかった場合、このフィールドは "<no match>"に設定されます。

レコードの処理結果

レコードの処理結果 は特定のコール試行中にコールが完了した場合、レコードに対して設定された処理結果を示します。 事前定義された対話結果の説明については、コンタクトセンターr管理者ガイド事前定義された対話結果をご覧ください。

レコードの処理結果コード

レコードの処理結果コード は、 レコードの処理結果の英数字コードを示します(設定で定義されている場合)。

レコード ID

レコード IDは、コール試行が行われたレコードのユニークな識別子を示します。レコードIDは、コールリストのインポート中に生成されます。

レコードファイル

レコードファイルは、特定のコール試行の結果が保存されるファイルの名前を示します。

RTPサーバー id

RTPサーバー idは、 レコードファイル が保存されているRTPサーバーのホスト名のIDを示します。

電話番号

このフィールドは、特定のコール試行に使われた電話番号を示します。

< 前へ | 次へ >