From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Reporting-reference-guide/SimpleFormat and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

シンプルフォーマット

ここでは、Bright Patternコンタクトセンターからシンプルフォーマットでエクスポートまたはダウンロードされたキャンペーン結果のフィールドについて説明します。このフォーマットは、コールレコードに対して行われた最後のコール試行の結果のみを示します(つまり、レコード1件につき1行です)。

キャンペーン結果は、コンタクトセンター管理者アプリケーションからエクスポートまたはダウンロードできます。それらにアクセスするには、設定'>サービスとキャンペーン>発信音声サービス>結果タブに移動し、シンプル(レコードのみ)を選択します。 結果タブは、発信サービスまたはキャンペーンでのみ使用できます。


キャンペーンの結果はシンプルまたは詳細フォーマットで表示されます


シンプルフォーマットのフィールド説明

コールレコードフィールド

コールレコードフィールドは、コールレコードの全フィールドの値を示します。フィールドは同じ名前と値が付与され、コールリストに表示されるのと同じ順序で配置されます。

アクティビティフォームフィールド

アクティビティフォームフィールドは、キャンペーンに関連づけられた アクティビティフォームフィールドの値を示します。結果にエクスポート とマークされているフィールドのみが結果に表示されます。

合計試行合回数 (レコードあたり)

合計試行合回数 (レコードあたり)は、特定のコールレコードに対して行われたコール試行の総数を示します。

完了

レコードが完了した(最終対話結果が設定された)場合、完了フィールドは “1” に設定されます。 それ以外の場合は、"0"に設定されます。 対応するキャンペーンクォータに達したためにこの試行で処理が停止されたレコードの場合(以下のクォータ不足を参照)、このフィールドは“0”に設定されます。

レコードの処理結果

レコードの処理結果 は、レコードが完了した際に設定された処理結果を示します。 事前定義された対話結果の説明については、コンタクトセンター管理者ガイド事前定義された対話結果をご覧ください。

レコードの処理結果コード

レコードの処理結果コード は、 レコードの処理結果の英数字コードを示します(設定で定義されている場合)。

特定のレコードに関連する キャンペーンクォータ に達したため、またはレコードがキャンペーン内で定義されているクォータ グループと一致しなかったために、レコード処理が停止または開始されなかった場合は、クォータ不足フィールド は "1"に設定されます。

クォータグループ

クォータ不足フィールドが "1"に設定されているレコードの場合、このフィールドには、上記のレコードを処理する前にどのグループがクォータに達したかが表示されます。キャンペーン内で定義されたクォータグループに一致しないためにレコードが処理されなかった場合、このフィールドは "<no match>"に設定されます。

最後のコール試行

最後のコール試行は、特定のレコードに対して行われた最後のコール試行時にダイヤルされた電話番号を示します。この電話番号は、通話記録からコピーされます。

最後のコールの処理結果

最後のコールの処理結果は、特定のレコードに対して行われた最後のコール試行の処理結果を示します。事前定義された対話結果の説明については、コンタクトセンター管理者ガイド事前定義された対話結果をご覧ください。

最後のコールのの処理結果コード

最後のコールの処理結果コード は、 最後のコールの処理結果の英数字コードを示します(設定で定義されている場合)。

最後のメモ

最後のメモは、特定のレコードに対する行われた最後のコールに関してエージェントが入力した最後のコールメモを示します。

最後のコールの開始時刻

最後のコールの開始時刻は、特定のレコードに対して行われた最後のコールが開始された日時を示します。

最後のコールの継続時間

最後のコールの継続時間は、特定のレコードに対して行われた最後のコールの時間を、応答が検出された瞬間から秒数で示します。このフィールドは、失敗したコール試行に対して“0”に設定されます。

最後に対応したエージェント

最後に対応したエージェントは、特定のレコードに対して行われた最後のコール試行中にお客様と最後に会話したエージェントのユーザー名です。

グローバル対話 ID

このフィールドは、特定のレコードに対して行われた最後のコール試行の グローバル対話識別子を示します。

リスト名

リスト名は、設定で定義された通りに、特定のレコードを含むコールリストの名前を示します。

< 前へ | 次へ >