From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.3:Reporting-reference-guide/RecordingsDetailsFormat and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3

Contents

レコード詳細フォーマット

次の表は、コール記録のエクスポートに付随するデータファイルのフィールドについて説明し、エクスポートの際にレコードに対して割り当てられた設定可能なファイル名のコンポーネントにマッピングします。ファイルは.CSV形式でエクスポートされ、対応するコールの詳細を含みます。これにより、システムからエクスポートされた特定のレコードの検索が容易になります。

電話会議では、参加するエージェントの人数に相当する複数のレコードが生成されます。この場合、レコード詳細ファイルには、レコードが個別に保存されます。


フィールド名 ファイル名コンポーネント 内容
エージェント名 $(agentFirstName) 完全なレコードの場合、コールを最後に処理したエージェントの名前です。レコードのセグメントの場合、指定されたセグメントを処理したエージェントの名前です。
エージェントの姓 $(agentLastName) 完全なレコードの場合、コールを最後に処理したエージェントの名字です。レコードのセグメントの場合、指定されたセグメントを処理したエージェントの名字です。
エージェントのloginId $(agent) 完全なレコードの場合、コールを最後に処理したエージェントのユーザ名です。レコードのセグメントの場合、指定されたセグメントを処理したエージェントのユーザ名です。
お客様の電話番号 $(customerPhone) お客様の電話番号(技術的には、上記のエージェントが対応した相手側の電話番号)
方向 $(direction) コールの方向(受信または発信)
対話結果 $(disposition) コールの対話結果
エクスポートの状態 N/A レコードが実際にエクスポートされたか(成功)、または見つからなかったか(失敗)のインジケーター
フラグ付き $(flagged) コールがフラグ付きだったかどうかのインジケーター
グローバル対話 ID $(globalInteractionId) コールのグローバル対話 ID です。完全なレコードの場合、同じIDを持つ複数のコールレコードファイルが存在する場合があります。レコードのセグメントの場合、全セグメントのグローバル対話IDは、それらのセグメントが属する対話から継承されます。
N/A $(callDuration) コールの合計継続時間
N/A $(callHour) コールが開始した時間 ( 00から23まで)
N/A $(currentTime) この値は、レコードがエクスポートされた時間に設定されます。
N/A $(uniqueId) このレコードに割り当てられたユニークなIDです。 グローバル対話ID(上記)とは異なり、この値はエクスポートされたレコードごとにユニークな値が割り当てられます。
コメント N/A エージェントが入力したコールのコメントです。
N/A $(periodEndDate) この値は、最後にエクスポートされたレコードファイルの開始時刻(エクスポートするファイルが少なくとも1つある場合)、または終了時刻(エクスポートするファイルがない場合)です。 ご注意:Bright Patternコンタクトセンターのバージョン5.3.5以降、この変数は$(currentDate)を置き換えます。
Pure Talk Time $(pureTalkTime) このコール/セグメントの純粋な継続時間(ACWと保留時間を除く); IVRセグメントの場合は空です。
レコードId N/A このコールレコードを含むファイル名です。セグメントの場合、指定された音声セグメントを含むファイル名です。
セグメント時間 $(segmentDuration) 記録されたセグメントの継続時間です。
サービス $(service) このコールに関連付けられたサービスまたはキャンペーンの名前です。セグメントの場合、指定されたセグメントの終了時に対話に関連付けられたサービスです。
開始時刻 $(callDate), $(callTime) コールの開始時刻です。セグメントの場合、音声セグメントの開始時刻です。
通話時間 N/A コールの合計継続時間です。
タイプ $(type), レコードnタイプです。利用可能な値は、“完全” または “セグメント”です。
音声署名 $(voiceSignature) レコードに音声署名が含まれるかどうかのインジケーターです。
< 前へ | 次へ >