From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• English
• 5.19 • 5.3 • 5.8

メッセンジャー統合アカウントのプロパティ

Bright Pattern Contact Centerは、Facebookメッセンジャー、LINE、Telegram、Twitter、Viber、WeChat、WhatsApp(Infobip、Twilio、Vonage API Group/Nexmo経由)を含むすべての主要なソーシャルメッセージングアプリケーション(メッセンジャー)と統合し、エージェントデスクトップのユーザーが設定されたメッセンジャーチャネル上でサービスチャットの対話を処理できるようにします。ブライトパターンプラットフォームでは、メッセンジャー統合アカウントを使用して認証情報を保存し、ブライトパターンとお客様の組織のメッセージングアプリアカウントや開発者ポータルとの接続を可能にします。

この記事では各タイプのメッセンジャー統合アカウントのプロパティのみを説明します。完全な設定手順と管理者向けチュートリアルについては メッセンジャー統合ガイド.

メッセンジャー統合アカウントを追加する方法

コンタクトセンターにメッセンジャー統合アカウントを追加するには、コンタクトセンター管理者アプリケーションの[コールセンター設定]>[統合アカウント]セクションに進みます。

追加「+」ボタンをクリックし、追加するメッセージングアプリケーションのタイプを選択します。

メッセンジャー統合アカウントのタイプを選択済


Facebookメッセンジャーのプロパティ

Facebook Messengerタイプの統合アカウントのプロパティは、以下のとおりです。統合の手順と設定の完了については、メッセンジャー統合ガイドのセクションを参照してください。 Facebookメッセンジャーの統合.

Facebookメッセンジャー統合アカウントのプロパティ

名前

この統合アカウントの名前(任意の名前にすることができます)。

ユーザー名

Facebookページのユーザー名(例:"brightpatterndocs"、@マークなし)。

入力

メッセンジャー統合カウントの入力タイプ。Facebookメッセンジャーの場合はFacebookを選択済。

ページID

FacebookページのID(文字列)で、Facebookページの "About "セクションに記載されています。

トークン

Facebookページのアクセス・トークン。

ウェブフック検証トークン

Facebookがお客様からのメッセージを送信するために必要な、Facebookが本物のサーバーであることを確認するためのトークンです。トークンをお持ちでない場合は、下のランダム化トークンをクリックします。

アカウントID

この統合アカウントの一意の識別子で、適用をクリックすると入力されます。

ランダム化トークン

メッセンジャー設定 > ウェブフック > コールバックURLの編集 > トークンの検証]セクションでFacebookアプリにコピーして貼り付けることができるランダムなWebhookトークンを作成します。

接続中テスト

認証情報をテストし、接続が有効かどうかを確認します。

LINEのプロパティ

LINEタイプの統合アカウントのプロパティは以下のとおりです。完全な統合手順と設定については、メッセンジャー統合ガイドのセクションを参照してください。 LINE統合.

LINEメッセンジャー統合アカウントのプロパティ

名前

統合アカウントの名前です(LINE@のアカウント名である必要はありません)。

入力

連携アカウントの入力です。LINEアカウントの場合はLINEを選択します。

トークン

LINEアカウントのアクセストークンです。

アカウントID

このアカウントに固有の識別子です。適用をクリックすると入力されます。

接続中テスト

認証情報をテストし、接続が有効かどうかを確認します。


テレグラムのプロパティ

Telegramタイプのメッセンジャー統合アカウントのプロパティは以下の通りです。統合の手順と設定の完了については、メッセンジャー統合ガイドのセクションを参照してください。 テレグラムの統合.

Telegram メッセンジャー統合アカウントのプロパティ


ボットユーザー名

あなたのTelegramボットのユーザー名です。

入力

統合アカウントのタイプ。Telegramアカウントの場合はTelegramを選択します。

トークン

Telegram ボットの API トークン。

アカウントID

この統合アカウントの一意の識別子で、適用をクリックすると入力されます。

ウェブフックの設定

このボタンをクリックすると、Telegramが顧客からのメッセージを送信するために必要なリアルサーバーであることを確認できます。トークン/ウェブフックはTelegramから取得する必要があることに注意してください。

接続中テスト

認証情報をテストし、接続が有効かどうかを確認します。


Twitter v2のプロパティ

Twitterタイプ統合アカウントのプロパティを以下に示します。統合の手順と設定の完了については、メッセンジャー統合ガイドのセクションを参照してください。 Twitter統合

Twitterメッセンジャー統合アカウントのプロパティ

名前

統合アカウントの名前(任意の名前にすることができます)。

消費者キー

Twitterアプリの APIキー.

消費者シークレット

Twitterアプリの APIシークレットキー.

アクセストークン

Twitterアプリの アクセストークン.

アクセストークンの秘密

Twitterアプリの アクセストークンシークレット.

アカウントID

この統合アカウントの一意の識別子で、適用をクリックすると入力されます。

接続中テスト

認証情報をテストし、接続が有効かどうかを確認します。


Viber プロパティ

Viber タイプの統合アカウントのプロパティを以下に示します。統合の手順と設定の完了については、『メッセンジャー統合ガイド』のセクション Viber との統合.

Viber メッセンジャー統合アカウントのプロパティ


ボットユーザー名

あなたのViberボットアカウントの正確なユーザー名。

入力

統合アカウントの種類。Viberアカウントの場合は、Viberを選択します。

トークン

Viber Bot アカウントのプライベートトークン。

アカウントID

この統合アカウントの一意の識別子で、適用をクリックすると入力されます。

ウェブフックの設定

ウェブフックの設定は、Viber がカスタムからメッセージを送信するために必要です。Webhook を設定] をクリックして、Webhook URL を開きます。

ウェブフックURL(ホストとポート)

コンタクトセンターのドメイン(例:「company.brightpattern.com」)。これにはサーバーアドレスとポート番号が含まれます。

ウェブフックの例

接続中テスト

認証情報をテストし、接続が有効かどうかを確認する。


WeChat プロパティ

WeChatタイプの統合アカウントのプロパティを以下に説明します。完全な統合手順と設定については、メッセンジャー統合ガイドのセクションを参照してください。 WeChat インテグレーション.

WeChat メッセンジャー統合アカウントのプロパティ


名前

統合アカウントの名前 (任意の名前)

入力

入力アカウントの種類。WeChatアカウントの場合はWeChatを選択します。

アプリID

WeChatサンドボックスのアプリIDで、テスト番号管理ページにあります。

アプリシークレット

WeChatサンドボックスのアプリシークレットで、テスト番号管理ページに記載されています。

WeChat ID

WeChatアカウントの識別子で、WeChatサンドボックスのテスト番号管理ページの右上にあります。

WeChatタイプ

WeChat公式アカウントのタイプ。WeChat公式アカウントの地域が中国の場合は「中国」、中国以外の場合は「国際」を設定します。

アカウントID

この統合アカウントの固有の識別子で、適用をクリックすると入力されます。

接続中テスト

認証情報をテストし、接続が有効かどうかを確認します。


WhatsApp プロパティ

Bright Pattern Contact Centerは以下のサービスプロバイダ経由でWhatsAppと統合します:Infobip、Twilio、Vonage API Group/Nexmo。WhatsApp用メッセンジャー統合アカウントを設定する際、Infobip、Twilio、Vonage API Group/Nexmoのいずれかを選択します。各プロバイダーの統合アカウントプロパティは以下の通りです。

Infobip

統合設定の完了については、メッセンジャー統合ガイドのセクションをご覧ください。 WhatsApp経由Infobipインテグレーション.

WhatsApp経由Infobipアカウントプロパティ


名前

統合アカウントの名前(任意の名前にすることができます)。

入力

WhatsApp

プロバイダー

インフォビップ

API URL

インフォビップから取得したベースURL (例: "https://gnpq8.api.infobip.com")

APIキー

インフォビップのパブリックAPIキー

WhatsApp番号

インフォビップから取得したWhatsApp専用番号 (例: 12012345678)

アカウントID

このアカウントの一意の識別子。 ウェブフックURLの末尾に付加されます。アカウントIDは画面下部の適用をクリックすると生成されます。


Twilio

統合設定の完了については、メッセンジャー統合ガイドのセクションをご覧ください。 Twilio経由WhatsAppインテグレーション.

WhatsApp Twilio経由の統合アカウントプロパティ

名前

統合アカウントの名前 (任意の名前)

入力

WhatsApp

プロバイダー

Twilio

API URL

https://api.twilio.com/2010-04-01/

SID

Twilio WhatsApp Sandboxの認証情報から取得したSID

トークン

Twilio WhatsApp Sandbox の認証情報で取得したトークン。

WhatsApp番号

Twilioが提供するWhatsApp番号 (例: +XXXXXXXX)

WhatsApp番号はTwilio Programmable Messaging Dashboard > Sandbox Participants propertiesで確認できます。


アカウントID

この統合アカウントの一意の識別子で、適用をクリックすると入力されます。


ネクスモ

統合設定の完了については、メッセンジャー統合ガイドのセクションを参照してください。 Vonage APIグループ/Nexmoインテグレーション.

Vonage API Group/Nexmo経由WhatsApp入力時のメッセンジャー統合アカウントプロパティ。


名前

統合アカウントの名前 (任意の名前)

入力

WhatsApp

プロバイダー

ネクスモ

API URL

https://api.nexmo.com/v0.1/messages

認証タイプ

JWTを設定し、実際のJWTを設定する。

キー

Vonage API GroupサンドボックスアカウントのJWT認証キー。

シークレット

サンドボックス環境の場合、このフィールドは空のままにしてください。

WhatsApp番号

Nexmo (Vonage API Group) カスタマーダッシュボードの番号 (例: "123418342149")。この番号はログイン後、Nexmo (Vonage API Group)サンドボックスアカウントの右上に表示されます。

アカウントID

この統合アカウントの固有の識別子で、適用をクリックすると入力されます。
< 前へ | 次へ >