From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
• English
• 5.19 • 5.3 • 5.8

次へ発信元統合

Bright PatternはNext Callerと統合し、着信チャットから発信元不明を識別し、クラウド上で利用可能な新規情報で連絡先データを拡張します。

プロパティ

次へ発信タイプの統合アカウントのプロパティは以下の通りです。


発信元統合アカウントのプロパティ


名前

名前は統合アカウントの名前です。

サンドボックスモード

このアカウントをサンドボックスモードで使用する場合は、サンドボックスモードチェックボックスを選択します。

ユーザー名

ユーザー名(文字列)は、Basic Access認証で次へ発信APIを認証する際に使用するユーザー名です。ユーザー名はアカウント作成時に指定します。

パスワード

パスワード(文字列)は、発信元APIの認証に使用するユーザー名です。パスワードはアカウント作成時に指定します。

接続中テスト

Test Connectionボタンは認証情報をテストし、接続が有効かどうかを確認します。

フィールドマッピング

フィールドマッピングタブを使用して、コンタクトデータフォームに内線フィールドまたは外線フィールドを追加します。次へ発信元はこれらのフィールドにクラウド上で見つかった推奨データを入力します。


フィールドマッピング


内線フィールドの追加方法

  1. 追加をクリックする。
  2. をクリックする。 <none>をクリックして、マッピングの選択ドロップダウンセレクタを確認します。
  3. 連絡先フォルダを開き、追加するフィールドのタイプを選択します。


一度に追加できるフィールドは1つだけであることにメモしてください。カテゴリー(アドレス、タイプ別電話、順番別電話、順番別ソーシャルリンク、タイプ別メール、順番別メール)または基本タイプ(タイトル、名前、姓、役職、セグメント、要約、生年月日、メッセンジャー、ステータス、my_custom_field)からフィールドを選択できます。
< 前へ | 次へ >