From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.3 • 5.8

音声合成 (TTS) との統合

Bright Patternは、音声合成 (TTS) プロバイダである IBM Watson 及びGoogle Cloudと統合し、音声プロンプトを作成します。音声合成機能が有効になっている場合、 通話プロンプトでは応答を自動化するために録音済みの音声、アクセント、および言語を使用できます。

Watson プロパティ

このTTSアカウントを追加すると、プロパティダイアログが表示されます。 プロパティーで、Watson 音声合成サービスの認証情報を入力します。

Watson TTS 統合のプロパティ

URL

IBM音声合成サービスインスタンスのユニークなURLです。 URLは、音声合成サービスの認証情報で確認できます。URLは IBM Cloudのサービス認証情報から取得できます。

例: https://api.us-south.text-to-speech.watson.cloud.ibm.com/instances/0123a4c0-5d67-8cec-9c10-a0cdbb1234b5

認証方法

APIキー

IBM 音声合成サービスインスタンス用のAPIキー(文字列)です。このキーは、IBM Cloud APIに対して安全で認証済みリクエストを行うために使用されます。APIキーは、音声合成サービスの認証情報に含まれています。

ユーザー名/パスワード (旧パージョン)

ご注意: このオプションは、Bright Pattern コンタクトセンターのバージョン5.3.12より廃止されました。認証手続きには、APIキーをご利用ください (上記参照)。

ユーザー名パスワードは、 IBM Cloud APIの認証に最初に使われたユーザー名(文字列)とパスワード(文字列)です。以前、ユーザー名とパスワードは、サービスインスタンスの認証情報に含まれていました。 2019年10月30日現在、IBMはこの認証方法をサポートしていないため、ユーザー名/パスワード認証を"旧バージョン"と呼びます。IBMは現在IAM認証(APIキー)のみをサポートしています。 IAM認証の詳細については、 IBM Cloud Docsをご覧ください。

音声をロードする

事前に設定されたIBM音声モデルからご希望の音声を選択できます。 詳しい情報については、 IBM Cloud 音声合成APIから音声をロードする方法をご覧ください。

接続テスト

Bright PatternとIBM間の接続をテストします。接続を確認するときにアカウントが正しく設定されていれば、 "アカウントの認証情報は有効です "というメッセージが表示されます。

Google Cloud プロパティ

このTTSアカウントを追加すると、プロパティダイアログが表示されます。 プロパティーで、 Google Cloud 音声合成サービスの認証情報を入力します。


ご注意: Google TTSでは、お支払い方法をアカウントに登録しなければなりません。これがないと、TTSサービスが警告なしで機能せず、Google APIダッシュボードにエラーが発生します。

Google Cloud TTS 統合のプロパティ


アカウント名

統合アカウントのユニークな名前を意味します。


URL

https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform

APIキー

Google Cloud APIおよびサービス用に生成したAPIキーです。

このキーはサービスキーIDとは異なります。

音声をロードする

音声をロードするを使うことで、事前に設定された音声リストからご希望の音声タイプを選択できます。

接続テスト

Bright Patternと Google Cloud間の接続をテストします。接続を確認するときにアカウントが正しく設定されていれば、 "アカウントの認証情報は有効です "というメッセージが表示されます。

Test Connection

Tests the connection between Bright Pattern and Google Cloud. When testing the connection, if the account has been configured correctly, you will see the message, "Account credentials appear to be valid."

< 前へ | 次へ >