From Bright Pattern Documentation
< 5.2:Agent-guide
Revision as of 16:12, 29 September 2018 by Marina (talk | contribs) (Created page with "thumb")
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

機密情報のマスク

貴社のコンタクトセンターが提供するサービスによって、インターネットセキュリティリスクに詳しくない人が送信するメールは機密情報を含む場合があります。このような機密情報には、支払カードの番号、アクセスコード、お客様の健康情報などが含まれます。これらの情報の取り扱いは、様々な法令・安全基準・社内ポリシーによって管理されます。従って、受信メールを確認する際、エージェントは、機密情報がそのメールに含まれているかどうか判断し、処理/保存する前に機密情報をマスクしなければなりません。 (データマスキングとは、元のデータを別の文字に置き換えて隠すプロセスです。)

受信メールの一部をマスクするには、 閲覧ウィンドウでは、機密情報にあたるテキストを選択してください。選択したテキストの上のツールチップに表示される マスクコマンドをクリックしてください。


電子メールの一部をマスクする


選択したテキストは、アスタリスク記号に置き換えられます。


マスクされた電子メールのテキスト
< 前へ | 次へ >