From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.2:Contact-center-administrator-guide/Calendars and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

Contents

カレンダー

コンタクトセンターの全てのサービスが24時間365日の営業体制でない限り、各サービスが営業時間内または営業時間外の場合に対して、受信された対話の処理方法を個別に指定しなければなりません。 サービスまたはシナリオエントリーを設定するときに各サービスの営業時間を指定できます。ただし、コンタクトセンターに多数のサービスがあり、それらの一部が同じスケジュールに基いて実行される場合は、最初にそのスケジュールを外部で作成してから、サービスやシナリオエントリに割り当てる方が便利です。このように、サービス実行スケジュールを変更する必要がある場合は、一度変更すると、その変更はこのスケジュールに関連付けられている全てのサービスに自動的に適用されます。

外部でスケジュールを作成する場合は2つのステップがあります。まず、カレンダーを作成します(つまり、月曜日から金曜日、または祝日など、営業時間が同じであると想定される日を指定します)。このセクションではカレンダーについて説明します。その後、様々なカレンダーを組み合わせて、カレンダーごとに営業時間を指定して、スケジュール自体を作成します。それらのスケジュールについては営業時間をご覧ください。カレンダーは発信キャンペーンの架電時間帯の指定にも使用されます。

ご注意:システムは、営業日、土日、および米国の祝日を含む、事前に定義されたカレンダーをいくつか提案します。これらのカレンダーは エリア別架電時間帯の指定に使用できます。既定の祝日情報は、Bright Pattern コンタクトセンターシステムのバージョン3.6がリリースされた時点(2014年6月)のものです。祝日に関しては全国およびエリア別の法律を定期的に確認し、必要に応じてカレンダーを更新することをお勧めします。

カレンダーを操作するには、コールセンター設定メニューからカレンダーを選択します。


コールセンター設定 > カレンダー


画面のプロパティ

カレンダーの画面プロパティは、2つのタブに分けられています: 日のタイプと関連付けです。両方の画面プロパティは以下の通りです。

日のタイプのタブ

名前

名前とは、 カレンダー名を意味します。このフィールドは必須であり、コンタクトセンター内でユニークな名前でなければなりません。

日にち

カレンダーに含まれる日にち を意味します。カレンダーに含まれる全ての日にちの営業時間は同じでなければなりません。

日にちをカレンダーに追加するには、追加をクリックします。ドロップダウンメニューより繰り返しパターンを 選択し、必要な情報を指定します。例えば、米国の労働者の日の場合、N番目の曜日を選択し、 1st, 月曜日9月を指定します。

カレンダーの日にちを削除または編集するには、その日にちの名前の上にカーソルを合わせます。

クローン

このオプションを使うことによって現在選択されているカレンダーに基づいて新しいカレンダーが作成できます。 クローンをクリックすると、現在選択されているカレンダーのコピーが[カレンダー名]のコピーというデフォルトの名前で作成されます。カレンダー名の変更、新しいカレンダーへの日にちの追加、削除、編集ができます。


関連付けのタブ

サービス

サービス リストには、特定のカレンダーを使うサービスが含まれます。リストからサービスを選択しサービスの定義をご確認いただけます。

営業時間

このプロパティには、特定のカレンダーを使う営業時間 (HOPs) が含まれます。リストからスケジュールを選択しスケジュールの定義をご確認いただけます。
< 前へ | 次へ >