From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.2:Contact-center-administrator-guide/Variables and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

Contents

変数

ここでは、Bright Pattern コンタクトセンターの ワークフロー および シナリオで使われる変数についてご説明します。

変数は、共通の形式$(varname)を使ってアクセスできます。変数は、整数 および 文字列 式で使うことができます。


共通の変数

$(user.id)

$(user.id) は、エージェントのアクションによってワークフローが開始された場合、エージェントIDを指定します。

$(user.loginId)

$(user.loginId) は、エージェントのアクションによってワークフローが開始された場合、エージェントのログインIDを指定します。

$(user.team)

$(user.team) は、ユーザが割り当てられたチームの名前です。

$(user.firstName)

$(user.firstName) は、エージェントの名(ファーストネーム)を指定します。

$(user.lastName)

$(user.lastName)は、エージェントの姓(ラストネーム)を指定します。

$(item.caseId)

$(item.caseId) は、対話のケースIDを指定します(ある場合のみ)。

$(item.caseNumber)

$(item.caseNumber) は、対話のケース番号を指定します(ある場合のみ)。

$(item.contactId)

$(item.contactId) は、お客様のコンタクトIDを指定します(ある場合のみ)。

$(item.firstName)

$(item.firstName) は、お客様の名(ファーストネーム)を指定します(ある場合のみ)。

$(item.lastName)

$(item.lastName) は、お客様の姓(ラストネーム)を指定します(ある場合のみ)。

$(global_interaction_id)

$(global_interaction_id) は、GIIDを指定します。この変数の別名は、$(item.globalInteractionId)です。

ご注意: この変数はシナリオで利用可能です。


音声専用

$(LanguageAsked)

$(LanguageAsked) は、お客様が特定の言語を選択したかどうかを指定します (例えば、 "はい")。

$(NPS_raw)

$(NPS_raw) は、ネットプロモータースコア (NPS) の値 を指定します(例えば、 "11")。

$(contact_satisfaction)

$(contact_satisfaction) は、お客様の応対満足度を指定します (例えば、 "1")。

$(destination)

$(destination) は、通話接続 ブロックの宛先を指定します (例えば、"2042")。

$(first_call)

$(first_call) は、この音声対話が初回の電話であるかどうかを指定します (例えば、 "1")。

$(screenpopData)

$(screenpopData) は、対話型自動音声応答(IVR)によって受信または設定されたスクリーンポップデータのリストを指定します。利用可能なスクリーンポップデータ要素のリストは、特定のIVRおよび統合によって決まります。

$(item.ANI)

$(item.ANI) は、発信者に番号を提供する電話会社サービスである自動番号識別(ANI)を指定します。 "ANI"は"発信者番号"の代わりによく使用されます。

$(item.DNIS)

$(item.DNIS)は、発信者がダイヤルした番号を被呼者に対して提供する電話会社サービスであるダイヤル番号識別(DNIS)を指定します。 "DNIS"は"被呼者番号"の略としてよく使用されます。

$(item.cnam)

$(item.cnam) は、お客様の名前を指定します。

$(item.customerPhone)

$(item.customerPhone) は、お客様の電話番号を指定します。この変数により、お客様の電話情報は、プライマリー着信または発信のコールのシナリオから、関連するコンサルテーションまたはブラインド転送のシナリオへ送信できます。

  • 新しい着信コールに対して開始されるシナリオでは、その値は$(item.from)変数の値と一致します。
  • 新しい発信コールに対して開始されるシナリオでは、その値は$(item.to) 変数の値と一致します。
  • コンサルテーションコールとブラインド転送に対して開始されるシナリオでは、$(item.customerPhone)の値は、関連するプライマリーコールのシナリオから継承されます。

$(item.from)

$(item.from) は、発信元アドレス (電話番号、チャットユーザの表示名など)を指定します。この変数は、ANIとしても知られています。

$(item.interactionId)

$(item.interactionId) は、対話IDを指定します。

$(item.media)

$(item.media)は、メディアタイプを指定します (例えば、"音声")。

$(outbound_data)

$(outbound_data) は、電話リストのデータを含み、ワークフローがアウトバウンドキャンペーンからトリガーされた場合に利用可能です。
< 前へ | 次へ >