From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.2:Contact-center-administrator-guide/LanguageSkills and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

Contents

言語スキル

言語スキルは、補助スキル同様に、スキルレベルで設定できる言語スキルをエージェントに対して付与できます。 例えば、お客様は特定の言語でサービスを要求するとします。この場合、既定のサービススキルに加えて、言語スキルを選択し、要求されたサービスを提供できるエージェントにそのスキルを割り当てなければなりません。

言語スキルにおいて、言語は事前設定されたドロップダウンメニューから選択できます。さらに、これらの言語のいくつかは電子メールで自動検出可能です。検出可能な言語は、メールでの自動検出という列にチェックマークLanguage-Skills-Detectable-By-Email-51.PNGが表示されます。

ご注意: Bright Patternコンタクトセンターの旧バージョンの場合、言語スキルは補助スキルの一つとして 設定できます。言語が以前に設定された場合、それらは補助スキルのリストで "言語 - 旧バージョン"として表示されます。


言語スキルはコールセンター設定で選択できます。


言語スキルを追加する方法

言語スキルを選択するには、コールセンター設定メニューから言語スキルを選択します。新しい言語スキルを追加するには、追加ボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから言語を選択します。言語を編集または削除するには、該当する言語名にカーソルを合わせ、編集Language-Edit-51.pngまたは削除Language-Delete-51.pngをクリックします。既定のサービススキルと違って、補助スキルはエージェントに明確に割り当てなければなりません。詳しい情報は、スキルレベル をご覧ください。


ドロップダウンメニューから言語を選択します。


言語についての注意事項

“中国語 - 繁体字“と“中国語 - 簡体字“は、それぞれ“中国語 - 台湾“と“中国語 - 中国“にマッピングされます。コンタクトセンターでは、現在の中国語(中国、香港、マカオ、シンガポール、台湾というJavaロケール から得たもの)が使用され、従来の方言分類(北京語、上海語、贛語、湘語、閩語、客家語、粤語)に切り替えしません。


メールの言語スキル

シナリオエントリーで電子メール専用サービス を設定する場合、言語スキルは不可欠な部分です。オプションのフィルター言語リストは、自動検出可能な言語スキルに制限されています。

検出された言語に基づいて言語スキルを設定するチェックボックスを選択すると、キーワードの一致に関係なく、検出できない言語のメールが既定のメールサービスに送信されます。さらに、メールの言語が検出可能であるがコールセンターの設定言語のリストにない場合、そのメールは既定のメールサービスに送信されます。

メールの言語スキル設定の詳細については、 電子メール サービスタブをご覧ください。
< 前へ | 次へ >