From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.2:Contact-center-administrator-guide/ImportandExport and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

Contents

コンタクトのインポート& エクスポート

コンタクトのインポート& エクスポートは、エージェントデスクトップで使用されるコンタクトの一括インポート、エクスポート、削除ができる場所です。


コンタクトのインポート& エクスポート


コンタクトのインポート& エクスポートタブ

コンタクトのインポート& エクスポート タブでは、コンタクトの一括インポート、エクスポート、削除を開始できます。また、現在データベースにあるコンタクトの合計件数がここに一覧表示されます。

インポート

インポートオプションを使うと、インポートダイアログウィンドウを通じてコンタクトを一括アップロードできます。


インポートダイアログウィンドウ


名前とソースタブ

データソース

データソースでは、以下のオプションが選択できます。

アップロード

このオプションを使用すると、.TXTまたは.CSVファイルがアップロードできます。

FTP または SFTP

このオプションでは、FTPまたはSFTPを選択でき、アクセスURLを入力できます。

ユーザ名

FTPまたはSFTPサイトのユーザ名を意味します。

パスワード

FTPまたはSFTPサイトのパスワードを意味します。

リストフォーマット

以前にリストフォーマットを保存した場合は、コンタクトをこのフォーマットでインポートできます。


フォーマットオプションタブ

フォーマットオプションタブでは、インポートするレコードのフォーマットをカスタマイズできます。


インポートフォーマットオプションタブ


ファイル入力エンコード
最初の行はフィールド名が含まれています

有効にされたこのチェックボックスはアップロードの最初の行をコンタクトフィールド名として認識します。

入力ファイルエンコード

このオプションではインポートファイルのエンコードを選択できます。ドロップダウンメニューからエンコードタイプを選択します。

フィールド区切りオプション

フィールド区切りオプションは以下の通りです:カンマ, タブ, セミコロン及びカスタムです。


フィールドタブ

フィールドセレクターは、インポートソースのフィールドをコンタクトおよび会社オブジェクトのフィールドにマッピングします。インポートソースに現在データベースで認識されているフィールドが含まれていないとき、このセレクターを使用すると、必要に応じてその都度マッピングが可能です。フィールドマップでフィールドを選択すると、次の情報が表示されます。


インポートフィールドタブ


選択されたフィールド

選択されたフィールドを意味します。

マップ先

マップ先 のメニューには、選択されたフィールドが現在マップされている場所が表示されます。フィールドのマップ先を変更するには、メニューから新しいフィールドを選択します。

新しいリストフォーマットを名前を付けて保存

インポートフィールドのマッピング後、新しいリストフォーマットを名前を付けて保存というダイアログウィンドウが表示されます。ここより、このインポートを新しいフォーマットリストとして保存することができます。新しいリストフォーマットを保存しない場合でも、インポートには影響がありません。

新しいリストフォーマットをダイアログウィンドウとして保存


結果タブ

結果 タブには、インポート試行の結果が以下のように表示されます。


インポート結果タブ


  • 読み取られたレコード - 読み取られたレコードの件数
  • 作成されたコンタクト - 作成されたコンタクトの件数
  • 更新されたコンタクト - 更新されたコンタクトの件数
  • 作成された会社 - 作成された会社の件数
  • 検出されたエラー - インポート中に検出されたエラーの件数

ご注意: インポート中にエラーが発生した場合、エラーをリストにした.CSVファイルがダウンロードできます。


エクスポート

エクスポートを使用すると、データベースからコンタクトを以下の2つの方法でエクスポートできます。 その方法とは、全てのコンタクト または 変更日 です。

エクスポートを選択することによって、現在のコンタクトと会社関連フィールドに該当するテンプレートをダウンロードできます。


エクスポートダイアログウィンドウ


全てのコンタクト

全てのコンタクトを選択すると、データベース内の全てのコンタクトがエクスポートされます。

変更日

変更日 を選択すると、設定日以降に変更されたコンタクトをエクスポートできます。カレンダーで日付を選択できます。


削除

削除オプションを使うことによって、 インポートと同じようなダイアログウィンドウを通じて、データベースからコンタクトを一括削除できます。 名前とソースフォーマットオプション結果タブは、インポートダイアログのタブと同じです。ただし、フィールドタブでは、.CSVファイルのコンタクトとデータベースのコンタクトの照合方法が指定できます。また、コンタクトを削除するとき、他のオブジェクトを削除または更新することができます。


削除ダイアログウィンドウ


名前とソースタブ

データソース

データソースでは、以下のオプションが選択できます。

アップロード

このオプションを使用すると、削除するレコードが含まれる.TXTまたは.CSVファイルをアップロードできます。

FTP または SFTP

このオプションでは、FTPまたはSFTPを選択でき、アクセスURLを入力できます。

ユーザ名

FTPまたはSFTPサイトのユーザ名を意味します。

パスワード

FTPまたはSFTPサイトのパスワードを意味します。

リストフォーマット

以前にリストフォーマットを保存した場合は、このフォーマットのコンタクトを削除するために選択できます。


フォーマットオプションタブ

フォーマットオプションタブでは、削除するレコードのフォーマットをカスタマイズできます。


削除フォーマットオプションタブ


ファイル入力エンコード
最初の行はフィールド名が含まれています

有効にされたこのチェックボックスはアップロードの最初の行をコンタクトフィールド名として認識します。

入力ファイルエンコード

このオプションでは削除ファイルのエンコードを選択できます。ドロップダウンメニューからエンコードタイプを選択します。

フィールド区切りオプション

フィールド区切りオプションは以下の通りです:カンマ, タブ, セミコロン及びカスタムです。


フィールドタブ

フィールドタブでは、.CSVファイルで削除対象としてマークされたコンタクトとデータベース内のコンタクトの照合方法が指定できます。また、コンタクトを削除するとき、他のオブジェクトを削除または更新することができます。


削除フィールドタブ


選択されたフィールド

選択されたフィールドを意味します。

マップ先

マップ先 のメニューには、選択されたフィールドが現在マップされている場所が表示されます。フィールドのマップ先を変更するには、メニューから新しいフィールドを選択します。


結果タブ

結果 タブには、一括削除の結果が以下のように表示されます。


削除結果タブ


  • 読み取られたレコード - 読み取られたレコードの件数
  • 削除されたコンタクト - 削除されたコンタクトの件数
  • 検出されたエラー - 削除中に検出されたエラーの件数

ご注意: 削除中にエラーが発生した場合、エラーをリストにした.CSVファイルがダウンロードできます。


ログタブ

ログ タブには、一括インポート、エクスポート、削除からの以下のデータが表示されます。


ログタブには、インポート、エクスポート、削除のレコードが表示されます


日付

日付とは、操作が行われた日時を意味します。

ユーザ

ユーザとは、操作を実施したユーザを意味します。

操作タイプ

操作タイプとは、操作のタイプを意味します; タイプはインポート, エクスポート, 削除です。

ファイル

ファイルとは、インポートまたは削除ファイルの名前を意味します。

行数

行数とは、ファイルにおける行数を意味します。

追加件数

追加件数とは、データベースに追加された新しいコンタクト件数を意味します。

変更件数

変更件数 とは、操作によって変更された既存コンタクトの件数を意味します。

削除件数

削除件数とは、データベースから削除されたコンタクトの件数を意味します。

エラー件数

エラー件数とは、情報不足または不適用のために追加、変更、削除できなかったレコード件数を意味します。

備考

備考とは、操作に関連するコメントを入力するためのスペースです。
< 前へ | 次へ >