From Bright Pattern Documentation
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page 5.2:Contact-center-administrator-guide/OutboundCampaignConfiguration and the translation is 100% complete.

Other languages:
English • ‎日本語
• 5.2

Contents

アウトバウンドキャンペーン設定

このセクションでは、アウトバウンドキャンペーンの設定手順が説明されます。コンタクトセンター管理者アプリケーションには、キャンペーン設定の正確性と完全性を検証するための診断ページをが用意されています。詳細については、アウトバウンド - 診断をご覧ください。

クォータに基くキャンペーンの場合、Bright Patternコンタクトセンターの アウトバウンドクォータの設定マニュアルをご覧ください。

貴社のコンタクトセンターにおいてアウトバウンドキャンペーンの設定を行う場合、以下のステップに従ってください。


ステップ 1: 架電リストをインポートし設定します。

コンタクトセンターが行うアウトバウンドキャンペーンの架電 リスト をインポートします。リストには、キャンペーンの対象のお客様に電話するために必要な情報(名前、電話番号など)が含まれています。

ステップ2: 発信禁止リストをインポートし設定します。

発信禁止リストには、発信してはいけないコンタクトが含まれています。

ステップ3: エリア別架電時間帯を確認し、必要に応じてアップデートします。

エリア別架電時間帯をご覧ください。

ステップ4: アウトバウンドサービスまたは混合サービス(キャンペーン)を作成し、設定を調整します。

アウトバウンドサービスまたはキャンペーンの一般設定を作成し、調整します。サービスとキャンペーン - プロパティタブをご覧ください。

ステップ5: エージェントチームをキャンペーンに割り当てます。

サービスとキャンペーン - 割り当てタブを参考にしながら、チームをキャンペーンに割り当てます。キャンペーンは、関連付けられたエージェントチームのメンバー全員に対して、既定のサービススキルを自動的に与えることができます。

ステップ 6: 当該のキャンペーンに必要なスキルを追加します。

追加のスキルの別名は、 補助スキルです。キャンペーンに必要なスキルを追加してください。

ステップ7: 当該のチームのエージェントに対して、補助スキルを割り当てます。

必要な スキルレベルに基いて、補助スキルをエージェントに割り当てます。

ステップ 8: キャンペーンにキャンペーンオペレータを割り当てます。

キャンペーンオペレータを割り当てます。サービスとキャンペーン - 割り当てタブをご覧ください。

ステップ 9: 対話結果を確認し編集します。

既定の対話結果 (既定の対話結果) を確認し編集します。キャンペーン結果の分析にあたって必要な対話結果を新しく追加できます。 サービスとキャンペーン - 対話結果タブをご覧ください。

ステップ10: 架電リストをキャンペーンに関連付けます。

上記のステップ 1 でインポートまたは追加された架電リストをキャンペーンに関連付けなければなりません。そして、キャンペーン内で使用できるようにリストの構成を実施し、有効にします。サービスとキャンペーン - リストタブをご覧ください。

ステップ 11: シナリオを定義します。

キャンペーンコールの自動処理およびキャンペーン内のコールバックに必要な対話処理シナリオを定義します。音声シナリオをご覧ください。

シナリオテンプレートは、権利者接続(RPC)やコンプライアンス時間内に応答されていないコールのオプトアウトオプションなど、いくつかの一般的なアウトバウンド処理自動化タスクで使用できます。

ステップ 12: アクティビティフォームを作成します。

エージェントがキャンペーンコールの処理で使うアクティビティフォームを作成し、架電リストに関連付けます。アクティビティフォーム および サービスとキャンペーン - アクティビティタブをご覧ください。

ステップ 13: アクセス番号を追加します。

当該のキャンペーンで発信者IDとして使うアクセス番号を決め、コールバックの処理のため、必要に応じてアクセス番号を シナリオに関連付けます。

ステップ14: キャンペーン発信者IDを設定します。

キャンペーンで使う発信者IDを設定します。サービスとキャンペーン - 番号タブをご覧ください。

ステップ15: キャンペーン設定を調整します。

キャンペーン特有の設定(キャンペーンタイプ、スケジュール、予測成功率、架電時間帯、ダイヤル規則、発信禁止リスト)を全て調整します。サービスとキャンペーン - アウトバウンドタブをご覧ください。

ステップ16:キャンペーン設定の完全性を確認します。

キャンペーン設定が正確であるかどうか、キャンペーンのアウトバウンド - 診断ページでご確認ください。

ステップ17: キャンペーン結果および記録の定期的なエクスポートを設定します。

キャンペーン結果および記録を選択されたタイミングで自動的にエクスポートするには、サービスとキャンペーン - 結果タブで定期的なエクスポート機能を有効にします。

ステップ18: キャンペーンを有効にします。

アウトバウンドキャンペーンを有効にします。 発信- 一般設定をご覧ください。
< 前へ | 次へ >